wwwなしではアクセスできないウェブサイトのURLを正常に開けるように修正する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウェブサイトは「wwwの有無」に関わらずしっかりとページが開かなくてはなりません。たとえば現在あなたが運営しているサイトURLが「example.com」だとしたら以下の2つで閲覧できるでしょうか?

・http://example.com
・http://www.example.com

上記の違いは「www」があるかないかの違いです。有名な話ですが「www」はインターネットの世界ではサブドメインにあたります。カンタンに言えば「http://example.com」と「http://www.example.com」はまったく別のウェブサイトとして認識される仕組みです。そのため両方で開くように設定しましょう。

wwwなしではアクセスできないウェブサイトのURLを正常に開けるように修正する方法

結論から言えば「wwwなし」の状態と「wwwあり」の両方で、ブラウザのアドレスバーに直接入力してアクセスできるように設定するには『サーバー側でリダイレクト処理』を行わなければなりません。

ただし、レンタルサーバーによっては「wwwありなしの両方を自動で設定するサービス」もあれば「両方とも自分自身で手動設定しなければならないサービス」も存在しています。各サービスで違うわけですね。

以前に「www」のサブドメインについてまとめた記事もあるのでご参照ください。

WordPressで運営しているウェブサイトが「wwwなし」でアクセスできないときの解決策

運営するウェブサイトURLの理想

少し話がそれますがURLはSEO面で考えると「共通化」しておく必要があります。正確には共通化しなくてもウェブサイトの運営はできますが、SEO的には以下のURLを1つに統一しておくことがおすすめです。

1. http://example.com
2. http://www.example.com
3. https://example.com
4. https://www.example.com

上記のURLには「http://」と「https://」があって「wwwなし」と「wwwあり」が含まれていますよね。検索エンジンはこれらのURLすべてにアクセスするのでURL転送をかけて1つに集中することが理想です。

SEOも考慮してURLは1つに統一

個人的には見た目もすっきりした「3」での統一がいいと考えています。当然ですが「wwwあり」が好きな方は「4」でも構いません。注意点としては「https://」に転送させておくことです。

そのためには「www有無」に関係なくアクセスできるようにサーバー側を設定しておき、非SSL(http://)でのアクセスがあったたら自動で「https://」が開くようにしておけばOK。以前に「https://」で統一する技術についてもご紹介していますのでぜひ併せてご参照ください。SSL証明書のインストール作業もお忘れなく。

【SSLのURL統一】ウェブサイトを「http」から「https」へ自動的に置き換える方法

まとめ

本日は「wwwなしでアクセスできないサイトURLの対策方法」を解説いたしました。

具体的な技術解説は状況によって最適な手順は異なるので本記事では全体の方向性についてご紹介しています。上記でも触れた通り理想は上記1〜4のどのURLにアクセスしても「3か4」に自動転送処理がかかっている状態がベストです。ぜひ一度あなたのウェブサイトでも「wwwなしで」ページが開くかお試しくださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -