【SSLのURL統一】ウェブサイトを「http」から「https」へ自動的に置き換える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は業務メモです。ウェブサイトのURLをSSL(https://)で統一する方法。手順はカンタン。ドメインルートに配置した.htaccessに以下の命令文を記述すればOK。サーバーが特殊な環境では動作しないので作業前にはおきまりのバックアップを取っておくこと。httpにアクセスしてhttpsになっていれば問題ありません。

【SSLのURL統一】ウェブサイトを「http」から「https」へ自動的に置き換える方法

以下が記述方法です。ドメインルートの「.htaccess」に重複しないように記述すればOK。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

ドメイン部分は自動で置き換えられるのが特徴です。複数ドメインを一括して「1箇所のフォルダ指定」で運営している状況でも動作いたします。たとえば『ドメイン販売用のhtmlテンプレート』では管理が煩雑にならないように読み取り先のデータを共通化しておくこともあるのでドメイン部分が置き換わると便利です。

https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI}

ちなみに上記の部分がドメインに置き換わります。ちなみに以前別の記事で書いたのはURL(ドメイン)を直接記述する方法なので状況に応じて使い分けるのがベストです。念のため前の記事も貼っておきます。

ウェブサイトはwwwありとwwwなしどちらで運用を行うべきか?

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください