特定ページにインストール済みの違うテーマを適用できる便利プラグインMultiple Themes

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は柔軟なテーマ運用を可能とするユニークなプラグインをご紹介いたします。

ワードプレスでデザインを変更したい際に通常は「外観 > テーマ」から見た目の切り替えを行いますよね?でもその方法だと『すべてのページに共通のデザイン(適用したテーマ)が反映』されてしまいます。

そこで活用したいのが『Multiple Themes』です。このプラグインがあれば好きなページに好きなテーマを個別で適用することができます。では本日もプラグインのインストールから進めていきましょう。

特定ページに違うテーマを適用できるプラグイン Multiple Themes

まずはプラグインを設定していきましょう。

プラグインを追加する

管理画面の「プラグイン > 新規追加」をクリックしてください。

次に検索ボックスへ「Multiple Themes」と入力してください。

インストール後に有効化を行う

インストールが完了したら「有効化」をクリックしてください。

プラグインの設定画面に入る

するとプラグイン一覧画面へ移動して以下が追加されています。

では今回は特定の固定ページに「Twenty Fifteenテーマ」を適用していきましょう。「設定 > Multiple Themes plugin」をクリック。

テーマとURLの紐付け設定

すると以下のページが開きます。テーマとURLを紐づける設定を行います。
URLやスラッグの設定は環境に併せてご変更ください

まずは“Select here if URL is a Prefix”に「URL」が選ばれている状態で、“Theme”に「Twenty Fifteen」を選択してください。そして3つめの“URL of Page, Post, Prefix or other”に「https://wp-labo.com/twenty-fifteen-demo」と入力しておきましょう。

各入力が完了したら「Save All Changes」をクリックください。

以上で事前の紐付け設定(テーマとURL)が完了です。正常に追加されると“Theme Selection Entries”にURLが表示されます。

表示用のページを追加する

次に固定ページで表示用のページ(スラッグ:twenty-fifteen-demo)を追加していきす。「固定ページ > 新規追加」をクリック。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

そしてスラッグを一致させたページを準備していきます。パーマリンクの部分(スラッグ)は「twenty-fifteen-demo」で設定。

入力が完了したら「公開」をクリックしてください。

以上で設定が完了となります。

紐付け終わったらページを確認

では実際にページを開いてみます↓
https://wp-labo.com/twenty-fifteen-demo
新規ウィンドウが立ち上がります

上記の通りテーマとURLを「Multiple Themes」の設定画面で紐づければお好きなだけ個別テーマを適用したページを立ち上げられます。

ただ、この方法だと「/twenty-fifteen-demo」という固定ページを親とする子ページ(/tewnty-fifteen-demo/sub)を展開したい場合にその都度URLを追加し続けなければなりませんよね?意外と手のかかる作業です。そこで何か策がないか調べていたら解決法を発見しました。

ディレクトリ配下をすべて一括指定する方法

設定方法は以下に追記いたしました。

ラジオボタンで「URL Prefix with Asterisk (“*”)」を選んだ状態で、「https://wp-labo.com/twenty-fifteen-demo/*」と入力。

上記の指定では「/twenty-fifteen-demo」ディレクトリ配下をすべて適用範囲にするという設定が有効となります。最下部のボタンをクリックして正しく追加されれば“Theme Selection Entries”に以下のようなURL表記が追加されます。

上記の「」が指定されていれば「」側は不要となります。では「」の指定のみ削除していきます。

Deleteの横にあるチェックマークを有効にして「Save All Changes」をクリックしてください。

以上で「」の設定が解除されます。以下の*がある分だけ残ればOKです。

あとは固定ページを追加する際に、固定ページの属性で“”として選択をしておくだけでOKです。

親に「Twenty Fifteen Demo(/twenty-fifteen-demo)」を選んだ子ページは、以下の通り「」にぶら下がる状態となります。そして、さきほど指定したアスタリスク(*)によって一括指定も効いているのでURL指定を繰り返さなくてもテーマが適用されるわけです。

再度URLを貼っておきますのでぜひご確認ください。
https://wp-labo.com/twenty-fifteen-demo(親ページ)
https://wp-labo.com/twenty-fifteen-demo/sub(子ページ)
新規ウィンドウが立ち上がります

まとめ

このように「Multiple Themes」プラグインを使うと、1つのワードプレスサイトのなかで自由自在に複数テーマを共存させられます。ランディングページに特化したテーマを導入して販売専用のLPページを立ち上げる等使い方はアイデア次第で無限大。ぜひご活用ください。

このプラグインはページ毎で読み込ませる大元のURLを強制的に置き換えているアイデア製品です。本来はデザインの数だけWPをインストールしたり、マルチサイトでWP運営するなど面倒な方法でしか1URL内で複数のテーマを適用できません。万が一、表示の一部がおかしくなった場合は焦らずにプラグインを停止して、パーマリンクを更新し、再度プラグインを有効化すればすべて改善いたします。

プラグインの停止はこちら↓

パーマリンクの更新はこちら↓

もし個人での操作が難しい場合はお近くの詳しい方に相談したり、当研究所のような窓口へお問い合わせをいただくとスムーズかもしれません。ご自身でも操作できそうな方はぜひ挑戦してみてください。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください