ワードプレスでログイン中のユーザー情報を取得する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

会員サイトを運営しているとユーザーがログインしている場合だけ表示したい場面がありますよね。またはユーザーに会員レベルを設けている場合は「もしログイン中のユーザーがAプランを契約しているなら」といった条件分岐を書きたいシチュエーションもあるはずです。ログイン中の情報取得を解説させていただきます。

ワードプレスでログイン中のユーザー情報を取得する

ユーザー情報は「wp_get_current_user」で取得できます。

$user_data = wp_get_current_user();

各ユーザーに振り分けられているID番号は「ID」です。そしてユーザー名が「user_login」。IDやユーザー名は被らないユニークな文字列なので条件分岐に使えますよね。下記が使用した例ですね。

$user_data = wp_get_current_user();
echo $user_data->ID;
echo $user_data->user_login;

あとワードプレスではユーザーのメタ情報が別で管理されています。テーブル名で言えば「wp_users」にメインのユーザー情報が格納されていて「wp_usermeta」に関連情報が入っている仕組みです。

$user_data = wp_get_current_user();
$user_idnm = $user_data->ID;
$user_meta = get_user_meta($user_idnm);

あとは状況に応じて取得すればOK。

$user_data = wp_get_current_user();
$user_idnm = $user_data->ID;
$user_meta = get_user_meta($user_idnm);
// 中身を確認する
var_dump($user_meta);
echo $user_meta['wp_user_level'][0];

もし会員サイトであればレベルが「wp_usermeta」に格納されているのでIDから連携して取得するだけですね。

まとめ

本日は「ログイン中のユーザー情報を取得する方法」を解説させていただきました。

もし会員サイトを運営する場合はログインしているユーザーや申し込んでいるプラン(会員レベル)によって処理を変える場面がありますよね。ユーザー情報を取得しておけば条件分岐を組むのもカンタンです。

ぜひご参考くださいませ。

▼ワードプレスでログインしたユーザーのみ表示させる条件分岐とは?
https://wp-labo.com/wordpress-is-user-logged-in/

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください