Local by Flywheelで「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は「Local by FlywheelのSSL接続エラー」についてご紹介させていただきます。以前にカンタンな使い方と別のエラーで解説記事を書いていますのでぜひ併せてご確認くださいませ。記事は下記となります。

Local by flywheelでAllowed memory sizeエラー表示時の対策方法

Local by Flywheelで「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された場合

今回はGoogleクロームでページを開こうとすると以下メッセージが表示されました。

example.local では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります

Chromeのエラーは以下。

NET::ERR_CERT_INVALID

スクリーンショットを貼っておきます。

URLバーには以下が表示されています。

Local by Flywheelの最新版でも改善せず。

結論から言うと現時点(2021年11月15日現在)では解決できません。

理由はGoogle Chrome(ブラウザ側)が厳密にSSL証明書を判定しているからです。今後ブラウザが更新されるかLocal by Flywheel側が対策しなければなりません。ページを表示できない現象は以下で回避。

URLにhttps(SSL)でアクセスしたい場合

すでにワードプレスにSSLが設定済みの複製サイトでhttps経由のアクセスが必須なら下記でOKです。

・Local by FlywheelでSSL証明書を発行しない

SSLを未発行状態では「TRUST」が緑色になっています。

SSL証明書を発行すると「TRUSTED」に切り替わってhttps経由でページにアクセスできなくなります。

つまり「Local by FlywheelでSSL証明書を未発行状態」にしておけばページを開けます。今後Local by Flywheelのアプリケーションが更新されると改善されるかもしれません。Chromeが少し厳密になりましたね。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

お名前.comでのDNSレコード例

WordPressに活用できる技術