エックスサーバードメインでドメイン移管の失敗後に再申請する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

ドメイン移管で「現在ドメインを管理している元(移管元)」から移管承認がおりなければ再申請が必要です。以下ではエックスサーバードメインでドメイン移管の再申請を進める方法をご紹介いたします。

以前の記事の補足です。ドメイン移管は以下もご参考くださいませ。

【必見】エックスサーバーでドメイン移管100円キャンペーン実施中

エックスサーバードメインでドメイン移管の失敗後に再申請する手順

ドメインの移管はスムーズに進まないことが多いです。理由はいくつかあります。

・ドメインの期限が切れている(または7日以内に切れる)
・移管元ドメイン管理業者でドメイン登録を行ってから60日が経っていない
・移管元ドメイン管理業者が移管を認めていない(またはレジストラロック状態)
・ドメイン公開情報(Whois)記載のメールアドレスが存在しない
・移管するドメイン種類によっては移管元に事前連絡をする必要がある

移管エラーはドメイン管理業者(ドメインレジストラサービス )のさじ加減1つです。実際はドメイン管理業者が悪いのではありません。独自ドメインには相応の価値があるので厳重に管理されています。

もしドメインの移管が失敗したら移管元からメールが届きます。その後に再申請を出せばOKです。以下ではエックスサーバードメインから再申請を出す手順をご紹介させていただきます。

もしドメイン移管でエラー(拒否)になったら移管先で原因を調べてもらうと手っ取り早いです。

▼ドメインお引っ越しキャンペーン
エックスサーバードメインに100円でドメインを移管する

エックスサーバーアカウントにログインしてドメイン画面を開く

移管エラーになると「移管申請」という表示のボタンに変わります。クリックして再申請を進めましょう。

移管申請ボタンから「認証鍵(オースコード)」を入力する

次に「認証鍵」を入力。

認証鍵(Auto Code)は移管元で発行しましょう。その後「確認画面へ進む」をクリック。

ドメイン移管の再申請(移管申請をする)を実行する

確認画面で入力をチェックして問題なければ「移管申請をする」をクリック。

以上で再申請が完了となります。

正しく移管申請が完了すると「移管申請状況確認」というボタンに変わります。

無事ドメインが移管できるか今しばらく待っておきましょう。

まとめ

本日は「ドメイン移管の再申請」をご紹介いたしました。

独自ドメインはとても価値が高いので、移管元も「承認作業は慎重」になります。もし確実にドメイン移管を済ましたいなら事前にドメイン移管元へ連絡して移管先の業者名を伝えるなど工夫しましょう。

💻ウェブサイト運営でお困りの方へ

⇒ WordPressの設定ミスを即日で解決  安心の定額サポート

▼ドメインお引っ越しキャンペーン
エックスサーバードメインに100円でドメインを移管する

ドメイン移管の操作手順は以下の記事も併せてご一読くださいませ。

【必見】エックスサーバーでドメイン移管100円キャンペーン実施中

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください