プラグイン版のSEOランディングページに親子階層設定項目を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

ランディングページの複数運営を考慮してデータ保存時の親子階層に対応させていただきました。

プラグイン版のSEOランディングページに親子階層設定項目を追加

LPページも複数に渡る運用や長期的なサイト運営になってくると「プロジェクト管理が大変」になりますよね。今回のアップデートでは公開しているLPが少しでも管理しやすくなるようにと調整を加えました。

親子階層の設定機能

新しい項目については下記をご参考くださいませ。初期状態では無効化しています。

設定を有効にする方法

親子階層を使用する場合はチェックをONにして「変更を保存」を押してください。

親子設定を指定する箇所

LPページの作成(および編集)画面に「ページ属性」が表示されます。

作成ランディングページに「親ページ」と「子ページ」といった関係を紐づけることができます。たとえばメインとなる「Aページ」を親に指定すれば「http://example.com/lp/a/sub-page」といったURLで「/a」の配下にデータを保存できます。公開するLPプロジェクトによっては親子関係をもったURLがいい場面もありますよね。

まとめ

本日は「プラグイン版のSEOランディングページに追加した親子階層機能」を解説させていただきました。

もし変更した後に「子」のランディングページが「404エラー」となる場合はプラグインの再起動をかければOKです。古いバージョンのプラグインから更新をかけて機能追加した場合に限っては「URL階層の扱いが変わる」ためにリライトルールの更新が必要になります。と言っても子として公開したランディングページにしか影響はないのでご安心ください。手順はプラグインを一度無効化して有効にし直すだけですね。

再起動は「プラグイン > インストール済みプラグイン」で無効にして再度有効化するだけなのでカンタンです。

階層設定は「バージョン1.1.0」で搭載されていますのでぜひご確認くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻SEOに強いWordPressテーマ

⇒ 大人気のワードプレステーマ「賢威」 2万を超えるお客様がご使用中!