ワードプレスの投稿と固定ページで備考欄などメモ書き補足を残せるプラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事作成時に役に立つプラグイン「WP Post Content Memo」。投稿内にメモ専用の入力ボックスを追加してコンテンツメモに使える便利な機能です。前回の記事は以下でご紹介しています。

ただ、以下プラグインでは「固定ページ」にはメモが残せません。あくまでも「投稿側だけ」に追加されます。

ワードプレスの投稿画面に記事のメモを残せるテキストボックスを表示する便利プラグイン

本記事でご紹介するプラグイン「WP Post Page Content Memo」であれば固定ページでも使用可能。詳しくは以下で解説させていただきます。投稿と固定ページの両方で使える「メモ機能」かなりおすすめです。

そして、バージョン「1.1.1」からは投稿ページと固定ページ以外のカスタムで追加した投稿画面にも同様のメモ機能が動作するように調整しております。以下の通り投稿と固定ページ以外でも表示されます。

ただし、プラグインで追加された独自メニューの場合はメモ機能が表示されない可能性もございます。動作するか気になる場合は事前にお問い合わせフォームからご質問をいただけますと幸いです。

ワードプレスの投稿画面と固定ページに記事のメモを残せるテキストボックスを表示する便利プラグイン

今回は「WP Post Content Memo」プラグインの進化版として「固定ページ」にも対応した新作プラグインをご紹介。投稿内だけでなく固定ページでも使いたいとのご要望をいただき準備させていただきました。

WP Post Page Content Memo

今回は「Post=投稿」だけではなく「Page=固定ページ」にも対応いたしました。さらに上記でも解説した通りプラグインや個別カスタマイズで追加した専用の投稿画面にも機能が追加される仕様となりました。

もしブログをメインで使っている方であれば無料版の「WP Post Content Memo」でも十分です。ただ、固定ページもガンガン使っているのであれば今回のプラグインが大いに活躍してくれます。なお、無料版のアップデートは終了しましたので今後新しい機能は追加されません。悪しからずご了承くださいませ。

記事を効率よく作成するには必須

ワードプレスでコンテンツを作るにはアイデアをどう保存しておくかが最重要です。

スマホ内のメモ帳に「ネタ」を書き溜めていくのと同じで、ワードプレスの管理画面内にもメモ機能があれば作業をスムーズに進められます。タイトルをつけて下書きにしてメモ欄にURLや書きたい内容を保存。

人の記憶というものは曖昧なのでせっかくの「貴重なアイデア」も時間がたつと頭から消えてしまいますよね。

そんなときにメモプラグインを使ってください。たとえば以下のように公開済みの記事を開きます。

そして「記事のメモ」に補足を残すせばOK。書いた内容に対するメモでも、これから作成する記事内容でも問題ありません。すでに公開済みの記事でも構いませんし、新しく「下書き」を作ってもOKです。

カンタンに言えば「メモ書きを残すため」の付箋(ふせん)に近いかもしれません。

新旧バージョンすべてに対応

WP Post Page Content Memoの特徴は「投稿と固定ページ」にメモ機能を追加できる点です。しかも最新のワードプレスで動作いたします。旧バージョンのワードプレスでも動作いたしますのでご安心ください。

固定ページでもメモ機能が欲しい

ブログを運営していると「プロフィール」や「ごあいさつ」を書いたり、お問い合わせフォームを設置する場面も出てきますよね。その際にプロフィールに使った画像の元リンクや参考にしたページをメモとして残しておきたいシチュエーションがあるはずです。スマホのメモ帳では他の内容に埋もれるので重宝しています。

たとえば商用利用OKのアイコン画像をダウンロードしたウェブサイトURLとか、フリー素材の画像をダウンロードしたサイト、または元々の画像の名前などどういった内容でもメモができるのが特徴です。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

当然ですが、htmlタグもそのまま文字化けせずに保存可能です。

万が一の無条件返金保証も完備

さらにもし万が一動かなかった場合は返金対応も可能です。無条件返金保証もつけていますので一度試してみていらなかったらキャンセルということもできます。まずは一度その便利さをお試しください。

正直に言えばこのプラグインがなければこれほどのペースで記事は書けません。24時間アイデアが出たら下書きとしてメモ欄を使って保存して、途中の記事をどんどん書き溜めるからこそ実現しています。

プラグインの導入手順について

管理画面の「プラグイン > 新規追加」から「プラグインのアップロード」にてZIPファイルをそのままアップロードしていただくだけで使えます。むずかしいセットアップや初期設定は一切必要ありません。

ファイルを選択からZIPファイルを選んでください。ZIPファイルをファイルを選択にドラッグしてもOKです。以下のようにZIPファイルが選択された状態して「今すぐインストール」を押しましょう。

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリック。

有効化が完了すると以下のメッセージが表示されます。

有効化が完了すると「投稿ページ」にも「固定ページ」にも「記事のメモ」という欄が追加されています。新規追加画面だけでなくすでに作成済みの記事にも入力ボックスが増えていますのでご安心ください。

メモは管理画面専用となるのでページ側には一切表示されません。管理画面内に貼る付箋(ふせん)のようにご使用いただけますのでぜひご活用ください。よくあるご質問は以下をご確認お願いいたします。

よくいただくご質問

以下によくある質問をまとめました。

Q. 無料版はありますか?

投稿のみでメモ機能が使える「WP Post Content Memo」がございますのでご利用くださいませ。残念ながら今後のアップデートは終了とさせていただきました。投稿だけでなく固定ページ側でも同じメモ機能が使える進化版のプラグイン「WP Post Page Content Memo」は今後もアップデートしていきます。

Q. 初心者ユーザーですが、使い方はむずかしいですか?

プラグインをインストールするだけでOKです。スマートフォンしかお持ちでない状況でインストールがむずかしければ無料でインストールを代行させていただきますのでお気軽にご相談くださいませ。

Q. アップデートはありますか?

具体的な予定は決まっていませんが、今後も機能追加を行ってまいります。

Q. どのバージョンのワードプレスで動きますか?

最新バージョン(5系)で動作いたします。5系はGutenbergエディターでもClassic Editorプラグインを有効化した状態でもご使用いただけます。もちろん、4系でも動作いたしますのでご安心くださいませ。

Q. メモ書きが保存できません。

タイトルが空っぽではワードプレスの仕様上でデータが保存できません。タイトルの状態をご確認ください。

Q. 返金保証はありますか?

無条件返金保証をご用意しております。まずは一度お試しいただき気に入ったらそのままご使用くださいませ。ただし、返金ありきでの注文はスタッフの対応限度もありますのでご遠慮いただけますと幸いです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

ワードプレスにメモ機能を追加するプラグイン

こんなお悩みはありませんか?

・ブログ記事に書いた文章にちょっとしたメモを残したい
・投稿や固定ページで付箋として情報を残す方法を探している
・記事の作成ペースが上がる効率的なノウハウを導入したい

当サイトではワードプレスのプラグインをご紹介しています。詳しくは少し下に表示されているボタンから飛んだ先のリンクURLから「WP Post Page Content Memo」をご確認いただけますと幸いです。投稿と固定ページの両方にメモ書きを追加する便利プラグインです。ワードプレスの使用者さんは必見!

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください


プラグインを手に入れる