ワードプレスの投稿画面に記事のメモを残せるテキストボックスを表示する便利プラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はワードプレスで記事を更新する際に便利なプラグインをご紹介。当研究所で開発した最新ツールです。ワードプレスを使って記事を書いていると内容に対するメモ書きを残したい場面ってありませんか?以前に以下のやりとりがあったので早速プラグインを開発させていただきました。今回も無料でダウンロード可能です。

初心者さん
コンテンツマーケティングでは記事の内容が勝負になるのでこれからたくさんの記事を書く予定です。記事を作成した時の参考資料や実際に見た知恵袋などの情報をメモとして残す方法があれば教えて欲しいです。どうにかメモを残す機能をつける方法はありますか?
専任者
残念ながらワードプレスでは「管理画面にメモを残す機能」は付いていません。投稿ページだけで動作する専用プラグインを作ってインストールすれば機能の追加は可能です。テキスト情報だけでなくhtmlタグも入力できたら便利ですね。
初心者さん
文字やhtmlをメモとして残せるプラグインがあればぜひとも使ってみたいです!

投稿画面に記事のメモが残せる入力ボックスを表示するプラグイン

では早速このページで作成した記事に対してメモが残せるようにしてみましょう。

インストールする前の投稿画面

当然ですが、プラグインを有効にする前は『投稿画面内でメモを残せる入力ボックス』はありません。

プラグインをインストール

プラグイン「WP Post Content Memo」をインストールしていきます。「プラグイン > 新規追加」をクリック。

プラグインをアップロードをクリック。

すると下記の画面が表示されます。

デスクトップに保存したZIPファイルを「ファイルを選択」にドラッグしてください。もちろん「ファイルを選択」をクリックしてから保存した「wp-post-content-memo.zip」を選ぶという手順でもOKです。

選択されたら「今すぐインストール」をクリックしてください。

プラグインを有効化

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリック。

有効化に成功すると以下のメッセージが表示されます。

プラグイン一覧に下記があればインストール成功です。

投稿画面のメモボックスを確認

再度投稿画面を開くと「記事のメモ(管理人専用)」というボックスが追加されています。このエリアは自由に文字を入力可能です。テキストでもhtmlタグでもURLでもご自由に入力ください。メモとして活用できます。

実際に入力した例はこちら

記事を作成した際に参照したURLを入力してみました。このようにメモを残しておけば後から振り返ったときにどのページを参考資料として確認していたかをいつでもチェックできます。この入力ボックス欄に入れた情報はホームページ側には一切出力されない仕組みなので『管理人専用の投稿記事メモ』としてご使用ください。

まとめ

記事を書く際にメモを残しておきたいシチュエーションは意外と多いです。もし「メモ機能」がなければパソコンやスマホでメモ帳に詳細を残すしか方法がありません。運営当初はスマートフォンに搭載されているメモでも事足りますが記事が増えてくるといつ書いたどの記事のメモだったのかがわからなくなってしまいます。

ワードプレスでサイト運営に取り組んでいる人にとっては必須のプラグインとなるくらい便利です。特に僕たち研究員は過去に書いた別記事からの引用など色々な状況がありますのでメモプラグインを愛用しています。

当記事でご紹介したプラグインは以下より無料でダウンロード可能です。ぜひお試しくださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する