ワードプレスのクラシックエディターでビジュアルモードを無効化する制御プラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はワードプレスの固定ページだけビジュアルモードを解除するプラグイン「WP No Visual Editor」をご紹介いたします。ビジュアルモードは便利な入力モードですが、特定のhtmlタグが消えてしまう現象も発生するので細かなデザインカスタマイズを行う際はビジュアルモードを無効にしておくのが安全です。

ワードプレスのクラシックエディターでビジュアルモードを無効化する制御プラグイン

プラグイン追加画面を開く

まずは「プラグイン > 新規追加」をクリック。

プラグインデータをアップロード

プラグインのアップロードをクリック。

すると下記の画面が開きます。

ファイルを選択からZIPファイルを選択して開くをクリック。

デスクトップに保存した「ZIPファイル」を「ファイルを選択」へドラッグ&ドロップしてもOKです。

インストールを実行

選ばれたら「今すぐインストール」をクリック。

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリック。

有効化が完了したら以下のメッセージが表示されます。

固定ページで無効状態を確認

有効後に固定ページを開くとビジュアルモードがなくなっています。

元々はタブで切り替えられる状態になっていましたよね。

投稿ページもチェック

ちなみに投稿では「ビジュアルモード」が残っています。

以上で完了です。

もし投稿と固定ページの両方でビジュアルモードを無効にしたい場合は以下の命令文となります。

add_filter( 'user_can_richedit', '__return_false' );

まとめ

ワードプレスではデザインをカスタマイズする際に固定ページからhtmlを追記するケースがあります。固定ページ内にhtmlタグを追記するかしないかはテーマの構造とカスタマイズの度合いによっても異なりますが、細かなデザイン調整が必要な場面では「htmlを追加しなければならないシチュエーション」が多いです。特定ページのみレイアウトを変更するなどhtmlタグを追加した方が早い場合もあるので、タグが消えてしまってレイアウトが崩れてしまうようであればビジュアルモードは解除しておいた方が安全なのでぜひご活用くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する