賢威8.0を使っているアナタへこっそりと教えたい「見たまま編集機能」をより完璧に仕上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスでウェブサイトを運営していると「パソコン」でサイトを見た際の文字バランスと、管理画面内で編集している時の「見た目の違い」がなんだか妙に気になってしまったご経験はありませんか?

「あれ?管理画面ではいい感じだったのに、パソコンで見ると変な位置で改行しているなぁ…」

こういったシチュエーションって意外とあったりします。そして、管理画面に戻って、気になった部分を微調整して再度ページを開いて見比べる、さらに調整を加えて再確認。こだわり派のあなたにとっては何気ない作業かもしれませんがこの作業にもし「合計で5分」かかっているとしたらどう感じますか?管理画面って編集もさることながら保存時にページを再読み込みするので時間って意外とバカにできません。

仮にこれまでに100記事を書いている(またはこれから100記事を作成する)として、1記事の文字組みのバランス調整に5分間かけているとしたら全部を足すと「500分」も調整に時間がかかります。

500分は時間に換算すると「8.3時間」。8時間って正社員1日の休憩時間を含んだ勤務時間です。チリも積もれば山となるというのはまさにこのことです。たった5分がいつのまにか1日の勤務時間に相当。

よく、重要なことを成し遂げたいなら「時間を作りなさい」などと言われますが、こういった無駄な時間を完全に排除するからこそ、少しずつ余裕が出来て結果的に「自分の時間を確保できる」わけです。本日は賢威8.0を使っているあなただけに時間を確保するための無料プラグインをご紹介させていただきます。

ページ側と管理画面内を見比べてみよう

以下は投稿されたページ側、つまりウェブサイト側です。

次が管理画面内で同じ文章を編集している時の画面です。当然ですが、文字の折り返し地点が違います。

管理画面で文字を入力する際の横幅が、表示されるページ側とまったく同じ状態になったら、もっと更新作業が効率的になりそうですよね。本日はそんな極秘プラグインを特別にご紹介させていただきます。

賢威8.0で見たまま編集機能を手に入れる方法

賢威8.0は非常によく出来たワードプレステーマです。実はデフォルトで「見たまま編集」も導入されています。作成画面で「見出し1や見出し3」などを選ぶと見出しのデザインが適用されますよね?問題点は1つでコンテンツを作成する際にもっとも使う「段落」のレイアウトなど全体が整っていない点です。本記事でご紹介するプラグインは段落の横方向(レタースペーシング)や、段落の下方向(マージン)を同じ値に変更するために作りました。マニアックなプラグインなので必要な方は「こだわり派のあなた」。

プラグインのインストール手順

まずは「プラグイン > 新規追加」をクリック。

次に「プラグインのアップロード」をクリック。

すると以下の画面が開きます。

次に「ファイルを選択」を押してデスクトップに保存した「ZIPファイル」を選びます。もちろん、デスクトップ側に保存した「ZIPファイル」を「ファイルを選択」にそのまま直接ドラッグしても構いません。

選べたら「今すぐインストール」をクリック。

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリック。

有効化が完了したら下記のメッセージが表示されます。

プラグインの有効化が完了したら「投稿」や「固定」ページで記事を開きましょう。文章がセンタリングされていて、横幅がさっきより狭くなっていますね。ウェブサイト側と完全に一致しています。

プラグインを適用する前の管理画面が以下となります。

少しわかりづらいので管理画面側とウェブサイト側を見比べましょう。レイアウトが一致していますね。

これでページを作る際のバランス調整は管理画面側だけで完結するので作業効率も向上するはずです。賢威8.0を使っている方はぜひ以下より無料プラグインのダウンロードをお試しくださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する