ワードプレスでエディター内のフォントを変えるプラグイン「WP Editor Font Changer」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスには無料有料とさまざまなテーマが揃っています。純国産テーマもあれば海外製テーマもあるため作り込みはテーマによって大きくばらつきがあるのも特徴の1つ。ただ、もし気に入ったテーマが「海外製テーマ」だった場合に気になるのがフォントの違いです。サイト上ではゴシック体が表示されているのに編集画面(投稿や固定ページ内のエディター)では明朝体になっている場合があります。

下記が参考例です。ページ側はゴシック体で表示されていますね。

ただ、記事の編集画面に入ると明朝体で表示されています。

フォントの表示は統一しておきたくなりますよね。ページ側ではゴシック体なのに管理画面がなぜか明朝体になっているというのは「海外テーマ」を使っていると意外とあるあるの1つとも言えるでしょう。

エディターのフォントを変える無料プラグイン「WP Editor Font Changer」

ではプラグインの適用方法をご紹介。まずは「プラグイン > 新規追加」をクリック。

次に「プラグインのアップロード」をクリック。

すると以下の画面が開きます。

デスクトップに保存したZIPファイルを「ファイルを選択」へドラッグ&ドロップしてください。もちろん「ファイルを選択」をクリックしてからデスクトップに保存した「ZIPファイル」を選んでもOK。

選択ができたら「今すぐインストール」をクリック。

インストールが完了したら以下の画面が開きますので「プラグインを有効化」をクリック。

以下メッセージが表示されたら有効化の完了です。

有効化が完了したら「インストール済みプラグイン」に下記が表示されます。

記事の画面を開きましょう。明朝体がゴシック体へ変更されていますね。

プラグインを有効化すると投稿記事のみでなく固定ページも同様に変更が適用されます。海外テーマを使っていると管理画面のエディターが明朝体になる確率が高いのでお困りの方はぜひご活用ください。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する