ワードプレスに慣れないクライアント向けでエディターの改行と段落を反対にして日本語環境で使いやすくする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスは海外で開発されたブログ管理システムなので「英語入力」が前提で作られています。

言葉を扱う場合の「英語」と「日本語」の大きな違いは「改行の有無」です。つまり、英語では「改行」を使いません。日本語では読みやすさを意識してあえて改行を入れるシチュエーションがありますよね。しかし、英語では改行を入れると文法の意味が変わる場合もあるので基本的に改行は使いません。

ちなみにワードプレスでは本文を作成する画面(エディター)で「Enter」ボタンを押すと「段落」扱いとなります。場合によっては「段落」の意味が分からない方がいるかもしれないので下記に「段落」を書いておきますね。上下を囲んだ点線はわかりやすくなるように区切ってみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
段落

段落

段落
ーーーーーーーーーーーーーーーー

このように「Enter」を押すだけでは、文字と文字の隙間に大きな余白が空いてしまいます。先述した通り、英語で本文を作る場合はピリオドまでの一文を書き終わってから「Enter」を押すので違和感はありません。ではワードプレスに「改行」はないのか?と言われるとそうではなく「Shift + Enter」 を押せば「段落」ではなく「改行」の扱いになります。参考までに改行された文字は下記のような状態です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
改行
改行
改行
ーーーーーーーーーーーーーーーー

となったら「Enter」で段落、「Shift + Enter」で改行ができれば問題なし!となってしまいそうですがそうではありません。問題はここから。もしスマートフォンで文字入力するときに「Shift」の入力はどうすればよいでしょうか?実は今まで書いてきた内容はすべて『パソコン操作』が前提なんです。

でも今のスマホ時代ではパソコンを持っている人はすごく少ないです。大半の方がスマートフォンやタブレット端末でインターネットを活用しています。念のためスマートフォンからワードプレスの管理画面にログインして文章作成を試してみましたので下記から一度ご確認くださいませ。

やはり「英語での入力」が前提として作られているので「Enter(スマホの決定ボタン)」を押すと「段落」扱いで文字が入力されました。下記が段落の状態で入力された例となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
あいうえお

かきくけこ

さしすせそ
ーーーーーーーーーーーーーーーー

そこで私たちは考えました。どうすれば「日本語入力環境でもっとも快適に使えるのか?」さらに、できればスマートフォン中心でウェブサイトを更新される方でもストレスなく快適な入力環境を構築したい。そこで思いついた挙動が「Enter」で改行、「Enter2回」で段落という動きです。

あえて「段落」を「Enter2回」にした理由は、スマートフォンやタブレット端末の環境で「Shift」を入力する場合は「PC配列のソフトウェアキーボード」に切り替えなければならないからです。日本語入力では「PC配列のキーボード」を無効化している人もいるので「Enter2回」がベスト。

とはいえ「Shift + Enter」でも「Enter2回」でも段落になりますのでその点はご安心くださいませ。

導入する方法とは?

上記でご紹介した「日本語環境に最適化してEnterを改行、Enter2回を段落へ変更する設定」を導入するのはカンタンです。当チームで専用のプラグインを作成させていただきました。導入は専用のプラグイン「WP Contents Editor Japanese Fit」を有効化するだけで動作いたします。

導入する手順について

ワードプレスの管理画面にログインしたら「プラグイン > 新規追加」をクリックしましょう。

そして「プラグインのアップロード」をクリック。

すると下記の画面が表示されます。

次に「ファイルを選択」をクリックしてデクストップにダウンロードした「ZIPファイル」を選択してください。下記のキャプチャ画像のようにデスクトップに保存した「ZIPファイル」をそのまま「ファイルを選択」へ直接ドラッグしても問題ありません。

ファイルが選ばれた状態になったら「今すぐインストール」をクリック。

そして「プラグインを有効化」をクリック。

無事有効化されると下記のメッセージが表示されます。

以下のプラグインが表示されていたらOKです。

では有効化した状態で実際の画面をチェックしてみましょう。以下はスマートフォンからの操作画面です。Enterを押すと「改行」されます。

では「Enter」を2回押してみましょう。さっきは「そ」の後ろにカーソルが合っていたので下記は「Enterを1度」押した状態となります。

そして2度目の「Enter」を押した状態が下記です。隙間が飽きましたね。その後「た」と入力してみました。無事「段落」扱いになりました。

念のため実際のソースを確認してみましょう。改行(br)と段落(p)が正しく反映されていますね。

まとめ

英語の入力環境をメインで考えると「Enter」で段落、「Shift + Enter」で改行がもっとも自然な動きなのは間違いありません。エンジニアやクリエイターなどワードプレスを昔から使っている人であれば違和感なく使えるはずです。慣れている人はパソコン操作が基本なので慣れもありそうです。

しかし、逆に日本語の入力環境だけを考えると「Enter」で改行、「Shift + Enter」で段落になった方が動きとしては違和感がありません。そこで本日ご紹介したプラグイン「WP Contents Editor Japanese Fit」を作成させていただいた次第です。普段からパソコンを使わない方や、パソコンを持っていない方がワードプレスでウェブサイトを更新管理する際はスマートフォンで操作を行うのが一般的です。

システムは誰が使うのかでベストな状況は異なります。また、使いやすさはお客様によって感覚も異なりますので、柔軟に対応していきましょう。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する