ワードプレスのウェブサイトに年齢確認を表示させる便利プラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はアクセス時に年齢確認を表示するプラグイン「WP Check Age First Access Business」をご紹介いたします。年齢確認は「未成年を対象としない商品を扱う通販サイト」では導入することが多いですよね。

ワードプレスのウェブサイトに年齢確認を表示させる便利プラグイン

では早速プラグインの画面をチェックしていきましょう。インストールの手順は以下をご参照くださいませ。

【手順】ZIP形式ファイルのワードプレスプラグインを管理画面からアップロードして有効化する方法

追加されるメニュー名

プラグインを有効化すると「設定 > 年齢確認チェック」がメニューに追加されます。

年齢確認チェックの設定画面

設定は以下で行います。動作は「有効にする」をONへ切り替えるだけでOKです。

設定を有効にする

スイッチの色を青にして「変更を保存」を押せば初期設定が完了です。

有効になるとウェブサイト側で「年齢確認」が表示されます。

オプション設定では細かな指定が可能です。アイコン画像を変更する場合は「画像の表示パターン」を変更。お好みの「ジャンル」を選んで保存すると表示される画像のパターンが自動で切り替わります。

試しに「お酒1」に切り替えてみます。

アイコン画像にお酒マークが入りました。

お好みのアイコンを差し込む方法

任意の画像をアップロードでファイル指定することも可能です。

変更後の確認画面が以下です。

各種文言を変更する

文字を入力すれば文章を変えられます。

お好きな文章を入力するだけでOKです。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

保存すると確認画面に反映されます。

使い方は以上となります。

まとめ

本日は「ワードプレスのウェブサイトに年齢確認を表示させる便利プラグイン」をご紹介いたしました。

プラグインは現在最終調整中なので公開が決まったら追ってメールマガジンにてお知らせする予定です。誰でも使えるようにシンプルな構造で使いやすさを優先しているので有料になるかもしれません。

カンタンに導入できる「年齢確認」をお探しの方はぜひご検討くださいませ。

補足

プラグイン内に1つ特殊な設定項目を追加しています。通常は設定を変えなくてもOK。以下にまとめますね。

設定項目「jQuery本体ファイルを読み込む」の使い方

本プラグインにはjQuery本体の読み込みを選べる機能がついています。

プラグイン有効後に他の機能が動かなくなったり、不具合があれば「jQuery本体ファイルを読み込まない設定」もお試しください。色々なプラグインを導入されている方はあらゆるバージョンのjQuery本体を読み込んでいる可能性が考えられるので「OFF」への切り替え設定も追加しています。

確認画面が動作しない場合の回避策なので通常は「ON」のままご使用いただければ問題ありません。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください