【効率化】ワードプレスの固定ページ一覧にスラッグを表示する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

固定ページが増えてくるとページの管理が大変になっていきます。固定ページの一覧から該当ページを見つけ出すには(設定したスラッグ名を確認するために)編集画面に入る必要がありますよね。

【効率化】ワードプレスの固定ページ一覧にスラッグを表示する方法

以下の通り、ワードプレスには固定ページにスラッグを表示する機能がありません。管理するページが増えてくるとスラッグは「記事を探すための大切な目安」として使えるので状況次第では表示したくなります。

functions.phpに追記

設定方法は以下のスクリプト(functions.phpに追記)で行えます。

/* 固定ページ一覧にスラッグを追加する */
function add_page_column_slug_title( $columns ) {
	$columns[ 'slug' ] = "スラッグ";
	return $columns;
}
function add_page_column_slug( $column_name, $post_id ) {
	if( $column_name == 'slug' ) {
		$post = get_post( $post_id );
		$slug = $post->post_name;
		echo esc_attr( $slug );
	}
}
add_filter( 'manage_pages_columns', 'add_page_column_slug_title' );
add_action( 'manage_pages_custom_column', 'add_page_column_slug', 10, 2 );

スラッグが一覧で観れると便利ですよね。下書きで保存していたページなどスラッグで管理するパターンもあるので一覧から確認ができると作業効率が大幅に向上します。ぜひお試しくださいませ。

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

まとめ

本日は固定ページの一覧にスラッグ情報を表示するためのカスタマイズ手順をご紹介いたしました。

記事やコンテンツをスラッグ(ディレクトリ名)で管理している方も多いので今まで表示されずにお困りだった方はぜひご活用くださいませ。特に記事を下書きにコピーして効率的に作業を進めるときに活躍します。

もし「スラッグ」が日本語だと一覧で文字が変換されて「レイアウトが崩れる可能性」もあります。日本語のエンコードの問題があるのでスラッグは英語で設定しておくことを個人的におすすめいたします。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

ワードプレスで自己紹介ページを作る

WordPressマーケティング入門