ワードプレスでサイト運用する際に独自ドメインの種類を正しく選ぶメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
初心者さん
集客用のウェブサイトを立ち上げようと思っているんだけど独自ドメインの種類が多くてよくわらからない。comやnetなど色々と種類があるので選び方を知りたい・・・。

こんな疑問にお答えしていきます。

サイト運用する際に独自ドメインの種類を正しく選ぶメリット

本記事の内容

  • 独自ドメインの種類についてもう少し詳しく教えてほしい
  • .comや.netや.jpなどいろんな種類があるけど違いは何?
  • インターネット上のアドレスがあると何が良いんだろう…

独自ドメインはインターネット上でウェブサイトを運営する際に必須です。独自ドメインはインターネット上のアドレスです。以前に別の記事でウェブサイトを運営するにはレンタルサーバーが必要で「レンタルサーバーではIPアドレスを独自ドメインと紐づけている」とご紹介いたしました。

レンタルサーバーと独自ドメインを紐づけるには「ネームサーバー(DNS)」という技術を使います。もし詳しく仕組みを学びたい場合は下記の記事も併せてご一読くださいませ。

独自ドメインとレンタルサーバーを紐づけるためのネームサーバー設定

では本題へ戻りましょう。運営するウェブサイト用に取得する独自ドメインを選ぶ際は何を基準に選べば良いのか?最近はそんな質問を運用前の初心者さんからよく受けます。

先述の通り「独自ドメイン」は.comや.netまたは.jpといったウェブサイト上のあなた専用のアドレス(運営中のランディングページまでたどり着く際の住所)です。

独自ドメインの種類

有名な独自ドメインの種類は下記5つ。

.com(ドットコム)

commercialの省略型。ビジネス向けの一番ベターなドメインです。「どっと混む」という語呂もあり独自ドメインのなかで真っ先に埋まる1番人気のドメイン。価値も上がりやすいです。

.net(ドットネット)

元々はネットワーク事業者に割り振られていたドメイン。インターネットに強い企業やネット上のサービスを提供する際に最適なドメイン。.comに次ぐ人気ドメイン。

.org(ドットオルグ)

オーガナイゼーションの省略型。オープンソース事業者など非営利を目的とした団体が好んで取得するドメイン。もちろん、営利目的でのサイト運営にも問題はない。

.jp(ドットジェーピー)

日本在住でないと取得ができないドメイン。JPRS(管理団体)が運営しているため取得料金も通常より割高。一時期テレビCMでも放映されていた。日本ブランドにこだわる方に大人気。

.co.jp(ドットシーオードットジェーピー)

取得には日本法人である証明が必要なドメイン。取得ハードルが高いため日本国内の法人企業が運営しているという安心感がある。取得手間や価格などを考えると取得ハードルは高い。

個人的には「.com」ドメインが好きです。理由はもっとも価値が上昇するからです。あと名刺に刷った時の見た目がすごくスマート。ただ、日本は契約社会の文化も色濃く残っているので大企業との取引が前提なら「.co.jp」の方が話が早い場合もあります。すべてはケースバイケース。

独自ドメインの選び方

独自ドメインを取得する基準は至ってシンプルです。ドメインの空き状況にも左右されますが、一番は今後運営していくウェブサイトのコンセプトが重要かなと思います。

もし大手企業との取引を中心にBtoB(法人向けサービス)で展開予定なら.co.jp一択。あなた自身がターゲットにしている企業が「.co.jp」を取得している状況なら合わせておくのが無難です。

ただ、大企業以外の取引先が多い場合なら「.jp」でも十分です。「.jp」は運営元が日本という安心感もありかつ「.co.jp」より取得ハードルが低く価格もリーズナブルなので人気は高いです。

仮にオープンソースプロジェクトの立ち上げや▼△研究室といった有志が集うビジネスなら.orgを取得しておけば取引先にもドメインからイメージを伝えやすいです。「.org」だからマネタイズが禁止されているわけでもないです。最近ではナチュラル系素材(オーガニック)製品を取り扱う企業がオーガニックと掛けて「.org」で運営するケースも増えてきています。

王道はやはり「.com」

もっとも人気が高くベーシックなドメインは「.com」です。また「.com」は価値も上がりやすくドメイン転売を目的とした企業が積極的に取得をしています。インターネットに強い企業やネットワーク技術に長けている企業はあえて「.net」を選択しているケースもあります。

また、単語との組み合わせも重要です。たとえば「spider」といった英単語は「.com」より「.net」の方が相性も良いかもしれません。蜘蛛の巣のイメージから「ネット」もありですよね。

最近のベンチャー企業ではドメインに遊び心を盛り込む企業も増えてきました。たとえば「.me」という注目のドメインでは「http://chro.me」と単語化するなど活用方法もさまざまです。

またはframeという単語から「http://fra.me」としたり、.coドメインでflamen.coなども。コンセプトを正しく表現できるならドメイン選定に十分時間をかけたいところです。

ただ、独自ドメインの種類によっては、第三者にメールを送信する際に迷惑メールフィルターに引っかかりやすい場合もあるのでその点はしっかりと事前に調べた方が安全でしょう。

最近Webサービスで見かける「.io」も「.me/.co」と同じ種類の一つで『Input/Output』を連想できるドメインとして人気があります。ちなみに2017年後半までは「.io」ドメインでのサイト運営に多少の不具合報告もチラホラありましたが、現在は問題なく運用ができています。

新ドメインのデメリット

発表されたばかりのドメインにはデメリットもあります。たとえばSMSなどのメールでURLを送る時に一般的なドメインなら「http://」を付けなくても自動でURLと認識されます。

しかし、新しいドメインではスマートフォン側が「ドメイン」と認識できなければ単なる文字列として判断するので自動でリンクを貼ってもらえません。下記のようにメールでドメインだけを送った場合に独自ドメインと判断してもらえない場合はリンク形式で送信してもらえません。

新しく出たばかりのドメインには色々な意味でも安定性は求めてはいけません。あくまでも大切なのは運営サイトを表現できるかのコンセプトであなた自身がどうブランディングしたいかです。

ドメイン名であなたの事業内容が閲覧者へ伝わるに越したことはないですし、もし仮にどれだけ長くなろうが問題ではありません。人によっては名刺のドメインを手入力する可能性もありますが、大体の方は名称で検索して直接ウェブサイトを訪れるはずです。文字列の見た目がスマートな表現もかっこいいですが、結局は閲覧者がサイトへ訪れられなければ意味がありません。

まとめ

コンセプトが伝わりづらいドメイン名もいまだに人気があります。ただ、伝わりにくい分はあなた自身が言葉で補わなければならないのは事実です。ドメイン選びはあなたが思い描くコンセプトから逆算で決定するのが得策と言えるでしょう。何度も言いますが重要なのは『コンセプト』。

間違いないのは「.com/.net/.org/.jp/.co.jp」の5つ。迷ったら「.com」。空いてなければ「.net」だと考えればOKです。金銭的に余裕があれば「.jp」か「.co.jp」。あとは好みです。

当サイトではコンセプトに基づいたドメインを複数所有していたり、取得時間を指定した独自ドメイン確保にも対応しています。もし取得代行からその後の譲渡作業までご相談があればお気軽にご相談くださいませ。本記事を通してあなたが最高の独自ドメインと出会えることを願っています。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する