WordPressで「サンクスページ」と「送信完了画面」を検索エンジンにひっかけない対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はワードプレスで運用しているウェブサイトを検索エンジンの検索結果に表示させない(ひっかけない)方法をご紹介いたします。サンクスページなどの送信完了画面が検索エンジンにひっかかってしまうとGoogleアナリティクスでの成約率(コンバージョン)測定で数値が正しく計測できません。そのためウェブサイト上の完了ページ類は検索エンジンにひっかけないよう命令文を追加しておく必要があります。

「サンクスページ」と「送信完了画面」を検索エンジンにひっかけない方法

1. 検索結果を調べる

手順は以下にまとめています。まずは「site:example.com」などで検索結果を確認していきましょう。

2. functions.phpに命令文を追加

検索結果から省く方法は別の記事にまとめましたのでぜひご参照ください。

コピペでOK!WordPressで特定ページを検索エンジンにインデックスさせない方法

記事内の通りに記述した例が以下です。子テーマのなかにある「functions.php」へ追記しました。

3. 該当ページ上でタグの挿入を確認

差し込み後にサンクスページ(スラッグ:thanks)を開いてソースを見るとタグが追加されています。

以上で設置は完了です。数日すると検索エンジンから消えますのでしばし待ちましょう。

▼追記:約3日後に「送信完了」が消えました

まとめ

Googleアナリティクスでは成約率測定ができます。ただ、測定対象になる「完了ページ」が検索結果にひっかかってしまうと予期しないユーザーがページを開いてしまい成約率の数値が正確に測れません。

該当ページに専用の回避タグを設置して「検索エンジンのロボットに登録を避けるように明示」すれば検索エンジンの検索結果から省いてもらえます。もし予期していないページが検索エンジン上にインデックスされてしまったという方はぜひ一度お試しください。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する