まだワードプレスを始めたばかりの初心者におすすめできる便利なプラグイン5つ

「ワードプレスを始めたが、どのプラグインを入れればいいのかわからない…」今回は、そんな方に向けておすすめのプラグインを紹介していきます。

ワードプレス初心者におすすめのプラグイン

ワードプレス初心者の方に向けて

• これだけは最低限いれておきたい必須のプラグイン
• 最初のうちからいれておいた方が便利なプラグイン

を紹介します。

最低限いれておきたい必須のプラグイン

All in one SEO Pack

SEO(検索エンジン最適化)対策には必須のプラグイン。このプラグインを使って、サイトのホームタイトルや詳細を記載することで、Googleに「このサイトはどういった内容のサイトか」を知らせることができます。その他にも、SEO対策において最低限のことはこれひとつで全て設定することができます。
テーマによってバッティングする可能性あり(テーマ側にSEO機能を持たせているなど)

Google XML Sitemaps

記事を投稿したあとはGoogleに認識してもらう必要があります。そのときに役立つのがこちらのプラグイン。もちろん、導入しなければ全く認識されない、というわけではありませんが、導入しておいた方が確実です。せっかく記事を書いたのに認識されずに検索されなかったら意味がありません。
SEOプラグインとバッティングする可能性あり(SEOプラグイン側にsitemap.xml機能がある場合)

最短1日でワードプレスを引っ越し

入れた方が便利なプラグイン

AddQuicktag

こちらのプラグインは記事執筆の際に役立ちます。記事を書いていると見出しの設定や吹き出しの挿入など、よく使う操作がありますよね。毎回入力するのは面倒なので、よく使う操作をこのプラグインを使って登録しておくことでスムーズに記事を書くことができるようになります。

Table of Contents Plus

こちらは記事の目次を自動生成してくれるプラグインです。記事の始めの方に目次が設定されていると、読者はどういった内容が書かれているのか知ることができますよね。便利なうえに一度導入してしまえばあとは自動生成してくれるので、入れておきたいプラグインです。

Autoptimize

こちらのプラグインはサイトの表示速度の高速化に役立ちます。表示速度もSEO対策の重要な要素となっています。こちらのプラグインを使うとWebページを構成するコードの圧縮をすることによって、高速化を促してくれます。難しい設定は一切なく導入できるためおすすめです。

プラグインの導入方法

プラグインの導入はいたって簡単で、以下の4つの手順を踏むだけです。

手順1:管理画面(ダッシュボード)のプラグインの「新規追加」タブを選択
手順2:プラグインの名前で検索
手順3:インストールをクリック
手順4:インストールが完了すると「有効化」というボタンに変わるのでこれをクリック

まとめ

プラグインはワードプレスのテーマによってすでにプラグインを導入しなくても実装されているテーマもあります。

また、無駄に導入しても、動作が遅くなったり、プラグイン同士の衝突で上手く動作しないこともあり得るので注意が必要です。自分が使っているテーマに合わせたプラグインを導入しましょう。

最新式のプラグインを事前公開!

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。ワードプレスサイトのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。ぜひ無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する