ランディングページ作成専用のWordPressテーマ「SEOランディングページ」の初期設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本記事は先日に書いた(ランディングページ用のワードプレスをインストールする手順)の続き「SEOの基本設定」となります。まだお読みでない方は下記から前回分をチェックしてください。

ランディングページ用に新規でワードプレスをインストールする手順

WordPressテーマ「SEOランディングページ」の初期設定

ランディングページ専用テーマ「SEOランディングページ」のインストールが完了して、テーマを有効にしたら「テーマオプション」からSEOの基本設定に入っていきましょう。

なお、テーマオプションはインストール直後のメッセージからも移動できますが、ワードプレス管理画面の左側メニュー内にある「外観 > テーマオプション」でもアクセス可能です。

テーマオプションではランディングページの基本設定をすべて管理できます。参考までに「テーマオプション」内で設定できる内容と操作画面をご紹介させていただきます。

1. サイト全体設定

▼ヘッダータイトル

ヘッダータイトルは「サイトのタイトル」が表示されます。変更は「設定 > 一般 > サイトのタイトル」から行えます。タイトルに文字ではなく「画像ロゴ」を表示させることも可能です。

○ロゴ画像を表示させたい場合(有料版限定)

ヘッダータイトルにロゴ画像を表示させる場合は「ロゴに画像をしようする場合はこちらから設定ください」から変更を行います。下記に簡単に手順をご紹介させていただきます。

次に「ロゴ画像」をクリック。

画像を選択をクリック。

次に「ファイルを選択」をクリック。

ローカルでロゴ画像を選択。下記ではダウンロードフォルダ内にあるロゴ(png)を選んでいます。参考までにサンプルとして「WPマーケティング研究室」のロゴ画像をテストで当て込んでみます。

画像を選択したら「開く」をクリック。

すると画像が「メディア」にアップロードされます。

そして「画像を選択」をクリック。

すると「タイトルの文字」が「画像のロゴ」に置き換わりました。

問題なければ「公開」をクリック。

公開済みとなったらOKです。

最後に「×」マークをクリックして画面を閉じます。

ロゴ画像のアップロード方法(使い方)は以上となります。

▼ヘッダーサブ

変更は管理画面の「設定 > 一般 > キャッチフレーズ」から行えます。

サイトのタイトルに並ぶテキストです。SEOランディングページでは「h1タグ」として動きます。検索エンジン対策では「Title」の次となる重要なタグなのでしっかりと設定してください。

▼ヘッダー文字1&ヘッダー文字2

ヘッダーの右側に追加で補足テキストを表示させる場合に使用ください。ヘッダー文字1は1行目。ヘッダー文字2は2行目に表示されます。必須項目ではないので必要な場合にご使用ください。解像度の低いスマートフォンではレイアウトの問題から非表示になります。

▼フッター文字1&ヘッダー文字2

コピーライトやページ作成者の情報などを表示させる場合にご使用ください。フッター文字1は左側。フッター文字2は右側に表示されます。スマートフォンでは解像度に合わせて自動調整。

ヘッダー文字1&2とフッター文字1&2を設定した場合の例は下記です。

2. SEO基本設定

SEOランディングページで作成したLPページに適用されるSEO基本設定。入力欄の補足に記述されている通り「各ページ側で設定すれば上書き」されますので柔軟な運用が可能です。

下記が設定した例です。

保存後にランディングページ側を確認すると以下のソースが入っています。

作成したページ側でSEO基本設定を上書きする場合は下記から行います。まずは管理画面の左側メニューから「LP/通常ページ一覧」からページを開いてください。

一覧にはワードプレスをインストールした際にデフォルトで作成されている「Sample Page」がありますので、このページを参考にして「SEO基本設定」を上書きしていきましょう。

ページの詳細画面へ入ると中段に「メタディスクリプション」という入力欄があります。下記に任意テキストを入力すれば該当ページだけ「メタディスクリプション」が上書きされる仕組みです。

メタキーワードは下記から上書き可能です。

実際に入力して上書きされるか確認しましょう。

メタキーワードの上書きは「キーワード1・キーワード2・キーワード3」で設定しました。

保存してソースを確認すると反映されました。なお、titleが「Sample Page」となっているのは記事側のタイトルで上書きされているからです。もし記事タイトルがなし(空)であればSEO基本設定側で入力している「タイトル」がtitleタグのなかに設定されますのでご安心くださいませ。

ちなみに「フォルダ名」を「lp」に設定したページは自動で「トップページ」として認識されます。

フォルダ名の設定例

上記手順の通りSEOランディングページは「wp-labo.com/lp」にインストールした前提でのご紹介です。

例)フォルダ名を「sample」とした場合のURL
https://wp-labo.com/lp/sample

例)フォルダ名を「03」とした場合のURL
https://wp-labo.com/lp/03

例)フォルダ名を「lp」とした場合のURL
https://wp-labo.com/lp/lp
インストールディレクトリがトップとして設定されるので赤字部分の「/lp」は省略されて表示されます

つまり、フォルダ名に「lp」と設定したページはワードプレスをインストールした直下としてページが表示されます。今回の手順では「wp-labo.com/lp」にワードプレスをインストールしているのでフォルダ名を「lp」と設定したページは「wp-labo.com/lp/lp」とはならず「wp-labo.com/lp」で表示されます。

以前に「Google PageSpeed Insights」で「SEOランディングページ」をスコア測定させていただきましたのでもし興味があればぜひ下記よりチェックしてください。ワードプレステーマSEOランディングページが検索エンジンで上位表示されやすい理由の1つがご確認いただけるはずです。

Google PageSpeed Insightsで高得点を獲得したランディングページ作成専用WordPressテーマ「SEOランディングページ」

少し長くなってしまったので「その他/拡張機能」については次にご紹介させていただきます。アクセス解析タグ(グーグルアナリティクス&グーグルサーチコンソール)とカスタムCSSでのスタイルシート追記が可能です。次回の配信記事をお楽しみにお待ちくださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する