ワードプレスを強制的に復元する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

最近は代行で色々なレンタルサーバーを使うのですがサービスによってサポートが充実していたりとさまざまあります。たとえば「Mixhost」であればバックアップをコントロールパネル側から自動化できます。バックアップもデータが作成されているかどうかで手順も大きく変わってくるので以下でご紹介させていただきます。

ワードプレスを強制的に復元する

先日にワードプレスを復活させたいといったご相談をいただきました。よくあるお悩みの1つですね。

ただ、復元手順やバックアップの保存データの状態で価格も変わってきます。1日1回正しくバックアップされているのが理想ですが大半ではバックアップデータすらない場合もあるのでケースバイケースです。サーバー側で行うかプラグイン側で処理するか、それとも手動で完全一致データとしてファイルを全作成する方法など。

ご相談状況によって最適な復活方法も異なるので価格は変動することが多いです。やはりどうしても復元できない(データの読込みに失敗する)パターンもあるのでサーバー環境に左右される内容となります。

目安としてはもっとも手軽なタイプで1〜3万円程で作業可能です。運営状態から逆算して最新データを探し出すことができれば公開時の状態へ戻せる可能性もあるので詳細はサーバー調査をするしかありません。

以前に「バックアップの注意点」を書いているのでぜひ併せてご一読くださいませ。ご参考になれば幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください