ワードプレスにおすすめのプラグイン5選【勉強法もあわせて解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスをゼロから学ぶにあたってプラグインの導入はとても参考になります。

今回は、どのようにプラグインを使って、どうワードプレスの勉強をするのかをまとめました。同時にワードプレスの使い方を覚えるのに最適な5つのおすすめプラグインもご紹介させていただきます。

ワードプレスにおすすめのプラグイン5選【勉強法もあわせて解説】

 もくじ

  1. なぜ、ワードプレスではプラグインがおすすめなのか?
  2. プラグインを使ってワードプレスを進化させる方法とは?
  3. 難易度別:ワードプレスのプラグイン5選まとめ

それではつづきを書いていきますね。

1.なぜ、ワードプレスではプラグインがおすすめなのか?

理由1:超強力なパワーアップが実現できるから

ワードプレスは「プラグインなし」ではすべてを語れません。

それくらいプラグインの機能はパワフルです。使いこなしていない方と、効率化で取り込めている方とでは状況が違います。プラグインを使うことで『より実践に使えるワードプレス』を学ぶことができます。

理由2:ワードプレスの基礎がしっかり学べるため

ワードプレスを深く学ぶにはプロのエンジニアが日常的に使っている「定型の命令文やプログラミング手順」を学ぶことが近道です。プラグインのカスタム方法から『より効率的な書き方』も学べます。

2.プラグインを使ったワードプレスの学習方法を解説

以下、手順1〜3にまとめました。

手順1:プラグインのインストール作業を進める

プラグインのインストール手順はシンプルです。ただし、あなたが導入するプラグインによっても追加される機能はまったく違いますので事前によくプラグインの詳細を調べておきましょう。

手順2:特殊なプラグインを追加して機能をメモ

もし「このプラグインは便利だ!!」と思ったらすべてメモっておきましょう。またメモを残す行為は普段から癖づけておくといいです。今日もiPhoneのメモ帳に15個くらいの文章をメモしていました。

手順3:プラグインのカスタム事例をひたすら読む

自分自身で立ち上げたウェブサイトに便利そうなプラグインを導入していきましょう。複数のワードプレスを運営していくうちに「必須のプラグインとあると便利なプラグイン」に分かれていくはずです。

もし英語が読める方であれば海外サイトも積極的に目を通してメモに残しましょう。何かを学んだらすぐメモに残すという癖をつけておけば1ヶ月で驚くほどの情報処理が可能になるのでぜひお試しください。

3.難易度別:おすすめのワードプレスプラグイン5選まとめ

過去に試してきたプラグイン(WordPress)のなかから、難易度別におすすめプラグインをご紹介します。

1. 検索エンジン向けのサイトマップを自動作成できるSEO対策プラグイン

難易度 ★☆☆☆☆

まずはもっとも導入難易度が低いプラグイン。注意点としては導入中のテーマやSEOプラグイン側にSitemapを自動生成するための機能がついていないかどうかです。バッティングしなければ構いません。

ワードプレスをインストールした直後に必ず追加しておきたいSEOプラグイン「Google XML Sitemaps」

2. ページの切り替え時にローディング専用画像を表示させるプラグイン

難易度 ★☆☆☆☆

軽量なローディング画面を導入するためのプラグイン。何も設定しなくても自動で読込み画像が表示されるので楽々導入可能です。もちろんロゴや読込み画像の変更もできます。ぜひお試しください。

ワンタッチでワードプレスにローディング画面を導入する軽量プラグイン

ちなみに当サイトにも導入済みです。ローディング用の画像はお好みのGIFアニメーションを指定可能です。もちろん、ローディング画像は設定しなくても自動で読み込まれるので心配は一切不要。

3. 自動返信メール機能付きお問い合わせフォームを導入できるプラグイン

難易度 ★★☆☆☆

ワードプレスには素人でもフォームを設置可能なプラグインが準備されています。しかも純国産。つまり日本人が開発した世界的に有名なプラグインで素早くお問い合わせフォームを設置可能です。

ワードプレスで管理者と申込者へ自動返信メールを送信できるお問い合わせフォームを設置する方法

4. 予約投稿でページ同士のコンテンツを瞬時に入れ替えてしまう業務効率化プラグイン

難易度 ★★★☆☆

ワードプレスには「未来の日付を指定して公開する機能が標準搭載」されています。

未来予約を使って公開済みのコンテンツと瞬時に内容を入れ替えるためのプラグインがあります。当サイトで配布している「Future Post Switch」です。設定には少し知識がいりますがむずかしくありません。

指定日時で特定ページ同士を差し替える無料プラグイン「Future Post Switch」

5. 運営サイトで適用しているテーマ以外のテーマを特定ページに指定できるプラグイン

難易度 ★★★☆☆

基本的にワードプレスでは「1サイト=1テーマ」が基本です。

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

しかし、テーマを複数設定できるプラグインを併用すれば同じサイト内に好きな数のテーマを指定可能です。たとえば以下のような指定ができます。カンタンに言えばページ毎でテーマを自由自在に指定可能。

・AページとBページで異なるテーマを指定する
・特定のカテゴリー配下はすべて共通のテーマにする
・ある固定ページのみ指定テーマを表示させる

以前に使い方を詳しくまとめた記事もあるのでぜひ併せてチェックくださいませ。

特定ページにインストール済みの違うテーマを適用できる便利プラグインMultiple Themes

まとめ

本日は「ワードプレスにおすすめのプラグイン5選」を解説させていただきました。

なお、記事内では過去の記事へリンクしていますが、より詳しく実装内容を知りたい場合は専属WEBにご参加いただいた方がお得もしれません。もしプロのエンジニアからワードプレスなど技術的な回答を早く聞きたいという方がいらっしゃればぜひご検討くださいませ。従業員を1人雇うよりもリーズナブルです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください