ワードプレスで独立した個別の固定ページを作る方法(page-スラッグ.php)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は業務メモです。ワードプレスで個別の固定ページを作成する方法をご紹介。本記事では手順ではなくさくっと方法について記載しておきます。固定ページを個別のテンプレートで作りたい方はぜひお試しください。

ワードプレスで独立した個別の固定ページを作る方法(page-スラッグ.php)

ワードプレスでは固定ページを作成すると「page.php」を元にページが生成されます。ただ、運営しているサイトの状況で「page.php」のテンプレートを使わずに個別で固定ページを作成したい場面があるはずです。そんなときはテーマフォルダに新しく「page-name.php」を作成するだけでOK。

例)sampleというディレクトリ名で個別の固定ページを表示したい場合

個別のテンプレートを使って固定ページを立ち上げる方法はカンタンです。

1. page-sample.phpという名前のファイルをテーマフォルダ内に入れる
2. example.com/sampleにアクセスして「page-sample.php」が開くかチェックする
3. ディレクトリ名を変更したい場合は「page-sample3.php」等自由に設定

以上です。お困りの方はぜひお試しくださいませ。

まとめ

本日はワードプレスで個別の固定ページを立ち上げる方法を解説いたしました。管理画面から固定ページを追加するとテーマフォルダ内の「page.php」が動く仕組みなので、異なるテンプレートを適用する場合は管理画面から固定ページを追加するのではなくテーマフォルダ内に直接アップする必要があります。

ワードプレスでは「page-sample.php」というファイルをテーマフォルダ内に追加すると「/sample」というディレクトリで「page-sample.php」が開くので個別のページを立ち上げたいときにとても便利です。

すでに運営しているテーマを維持したままで個別のランディングページを立ち上げたり、今公開している固定ページに影響なく独立したページを立ち上げたいときに使える方法です。ぜひ覚えておきましょう。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する