過去にワードプレスへ導入したGoogleサーチコンソールが不要になったときに設定を削除する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は不要になったGoogleサーチコンソールを削除する手順をご紹介いたします。マルチドメインに対応しているレンタルサーバーを借りると独自ドメインを複数追加できるので、サイトを立ち上げる前にマーケットの需要チェックとしてテストサイトを構築する場面があります。そして一定期間アクセスチェックを行なうわけですがその際には当然GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールの導入が必要となります。なお、サーチコンソールの導入手順については前回に別記事にしましたので未導入であればぜひチェックしてください。

ワードプレスで運用しているウェブサイトへGoogleサーチコンソールを導入してGoogleアナリティクスと連携させるまでの手順

過去にワードプレスへ導入したGoogleサーチコンソールが不要になったときに設定を削除する手順

本記事では「過去に導入したGoogleサーチコンソールが不要になった場合の削除手順」について解説させていただきます。もちろん残したままにしておいても良いですが、テストサイトが増えてくるとプロパティが数十個も表示されるので使っていないプロパティは削除しておいた方がスッキリするのでおすすめです。

Googleサーチコンソールにログイン

まずは「Google Search Console」にログインしましょう。

メールアドレスとパスワードを入れて「次へ」をクリック。

不要なプロパティを見つける

左上の検索ボックスから不要なプロパティを見つけてください。

設定画面に移動する

不要なプロパティを選択した状態で「設定」をクリック。

するとプロパティ設定の画面が開きます。

削除する

右下にある「プロパティを削除」をクリック。

確認用のポップアップが出てきたら「プロパティを削除」をクリック。

以上で削除は完了です。ちなみに「Googleサーチコンソール」のプロパティを削除してもメール通知などは飛びませんのでご安心くださいませ。不要になったプロパティは整理のために削除しておきましょう。

まとめ

Googleサーチコンソールの削除手順はシンプルです。もしGoogleサーチコンソールを削除したら併せて同じURLのGoogleアナリティクスのプロパティも削除しておけば消し忘れを避けられます。Googleアナリティクスの管理画面から同じプロパティを削除する手順は別の記事にまとめて後日公開させていただきます。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する