【ワードプレスの使い方基礎講座2】初心者必見!ブログ記事を投稿するカテゴリーを作成する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はワードプレスの使い方【続編】を解説させていただきます。ワードプレスでは「投稿」にブログ記事を投稿するのが基本的な使い方です。投稿については前回に詳しく別の記事でご紹介させていただきました。

【ワードプレスの使い方基礎講座1】初心者必見!投稿(ブログ)から記事を作成する手順

ワードプレスでは投稿したブログ記事はかならず「カテゴリー」に属します。なお、具体的なカテゴリー名の決め方は運営サイトによるので割愛しておきます。本記事では追加手順について詳しく解説いたします。

【ワードプレスの使い方講座】記事を投稿するカテゴリーを作成する手順

ワードプレスではカテゴリーを使ってブログ記事を管理していきます。カテゴリー構造は運営するサイトのコンテンツを適切に整理できるような階層にすればOKです。以下で作成手順をご紹介させていただきます。

カテゴリーの管理方法

カテゴリーの管理は「投稿 > カテゴリー」で行います。

カテゴリー管理ページが以下です。Uncategorized(未分類)が元々作成されています。

クイック編集から名前とスラッグを変更する

クイック編集から名前を変更していきましょう。

クイック編集をクリックすると下記画面が開きます。

名前はページ側に表示される名前です。スラッグはURLに表示されます。

入力後に「カテゴリーを更新」をクリックしましょう。

反映されなかったときは更新ボタンをクリック

クイック編集後に反映されない場合はブラウザの「更新」を押してください。

下記のように反映されていればOKです。

新規カテゴリーを追加する方法

新しくカテゴリーを追加するときは左側から行なってください。

名前とスラッグを入れます。

入力後に「新規カテゴリーを追加」をクリック。

追加されたら完了です。

親カテゴリーと子カテゴリーについて

なお、追加するカテゴリーを子カテゴリーにしたい場合は「親カテゴリー」を指定すればOKです。

ウィジェットにカテゴリーを表示させる

カテゴリーはウィジェット内に表示されます。管理画面の「外観 > ウィジェット」をクリック。

カテゴリーウィジェットを追加して保存しましょう。

現時点では「Hello world!」というサンプル記事が「WordPressの使い方」に属している状態です。

まとめ

ワードプレスではブログ記事を投稿する際にかならず「カテゴリー」を選ばなくてはなりません。カテゴリーの構造は運営するサイトのコンセプトに合わせて最適な階層に仕上げるのがベスト。カテゴリー構造を決定していく基本的な考え方は『SEOで検索上位を目指すキーワード』を上手に絡めながら作っていくのが吉です。

・おすすめのブログ
・ブログの始め方
・収益化できたブログ

カテゴリーをどう決めるかは自由なのでしばりはありません。今後あなた自身がブログとして投稿していく予定の記事(コンテンツ)によって自然とカテゴライズは決まっていくのでぜひ一度練ってみてください。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する