WordPressの全データがFTP接続時にすべてダウンロードできているかを正しく判断する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスで複数のウェブサイトを長期間運用していると各サイトを丸々バックアップしたい場面が出てきます。もっとも手軽なバックアップ方法はプラグインによる自動バックアップですが、システム側で自動的に実行されるため「サーバーメンテナンスと被る」など、一時的に接続ができない状況が発生してしまい不完全なバックアップファイルが出来上がる可能性もあります。せっかくのバックアップデータ(復元ファイル)が正しく作成できていないと万が一の際に元に戻せなくなるので不安が残ります。

僕たちがもっとも安心だと考えるバックアップはやはり「目視による手動のダウンロード作業」です。ダウンロードエラーが出ていないか、ダウンロードが完了したローカル側のファイルとWebサーバー側に残っているファイルのすべての容量は一致しているかなど、必ずチェックしておきましょう。

FTP接続時にすべてダウンロードできているかを正しく判断する方法

以下が実際にデータをダウンロードした画面です。左(ローカル側)にあるすべてのファイルサイズと、右(Webサーバー側)にあるすべてのファイルサイズが一致していますよね。総容量も同じです。

WordPressではデータがWebサーバーとDBサーバーにわかれているため、バックアップ時は両方ともダウンロードしなければなりませんが、FTP接続を行えばWebサーバーのデータはダウンロードできます。もし全データのダウンロードを試す際はダウンロードしたファイル容量に目を向けてみてください。

なお、転送時に容量が異なるときは、FTP接続で「バイナリモード」にすればOKです。容量が違うのは「改行コードの扱いが自動変換される」だけなのでバックアップデータとしては特に影響はありません。扱っているシステムによっても状況は異なってきますので最適な方法でダウンロードしましょう。

ちなみに「SFTP」という接続方法でFTPソフトにつなげれば強制的にバイナリモードで転送されるので、バイナリモードへの切り替え方がわからない場合はSFTPで接続する方法を試されると良さそうです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する