WordPressの全データがFTP接続時にすべてダウンロードできているかを正しく判断する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスで複数のウェブサイトを長期間運用していると各サイトを丸々バックアップしたい場面が出てきます。もっとも手軽なバックアップ方法はプラグインによる自動バックアップですが、システム側で自動的に実行されるため「サーバーメンテナンスと被る」など、一時的に接続ができない状況が発生してしまい不完全なバックアップファイルが出来上がる可能性もあります。せっかくのバックアップデータ(復元ファイル)が正しく作成できていないと万が一の際に元に戻せなくなるので不安が残ります。

僕たちがもっとも安心だと考えるバックアップはやはり「目視による手動のダウンロード作業」です。ダウンロードエラーが出ていないか、ダウンロードが完了したローカル側のファイルとWebサーバー側に残っているファイルのすべての容量は一致しているかなど、必ずチェックしておきましょう。

FTP接続時にすべてダウンロードできているかを正しく判断する方法

以下が実際にデータをダウンロードした画面です。左(ローカル側)にあるすべてのファイルサイズと、右(Webサーバー側)にあるすべてのファイルサイズが一致していますよね。総容量も同じです。

WordPressではデータがWebサーバーとDBサーバーにわかれているため、バックアップ時は両方ともダウンロードしなければなりませんが、FTP接続を行えばWebサーバーのデータはダウンロードできます。もし全データのダウンロードを試す際はダウンロードしたファイル容量に目を向けてみてください。

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

なお、転送時に容量が異なるときは、FTP接続で「バイナリモード」にすればOKです。容量が違うのは「改行コードの扱いが自動変換される」だけなのでバックアップデータとしては特に影響はありません。扱っているシステムによっても状況は異なってきますので最適な方法でダウンロードしましょう。

ちなみに「SFTP」という接続方法でFTPソフトにつなげれば強制的にバイナリモードで転送されるので、バイナリモードへの切り替え方がわからない場合はSFTPで接続する方法を試されると良さそうです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

- 超快速なワードプレスを運営しませんか?【AD】-