ワードプレス管理画面にチェックボックス機能を実装する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チェックボックスで設定を変更できると便利です。本記事では制御方法をご紹介。

ワードプレス管理画面にチェックボックス機能を実装する手順

今回は業務メモです。管理画面にチェックボックスを実装する方法。忘れないようにメモしておきますね。まずはデータの保存用に「サイトオプションを定義する」ところからスタートしましょう。

サイトオプションを定義する

add_option('check_box_flag_name_test');

サイトオプションのデータを更新

次がデータの保存。どんな条件で保存するかは構造次第ですね。以下では「1か0のフラグ」を持たせています。

$checkedflag = isset($_POST['check_box_flag_name_test']) ? 1 : 0;
update_option('check_box_flag_name_test', $checkedflag);

判定によってチェックを入れる

チェックボックスのhtmlが以下です。もしフラグが「1」でポストされるとチェックが入る処理となります。出力される「checked属性」の前に“半角スペース”が差し込まれます。記述時は詰めてもOKです。

<input type="checkbox" <?php checked( 1, get_option('check_box_flag_name_test')); ?> name="check_box_flag_name_test">

フラグ状態で条件分岐を作る

最後に条件を差し込む側。フラグの状態に応じて変数の値を上書きしています。

$checkflagtest = get_option('check_box_flag_name_test');
if ($checkflagtest == "1") {
	$checkflagtest = 'on';
} else {
	$checkflagtest = 'off';
}

条件分岐は複雑に考えがちですが大体がフラグで実装できます。2択まで絞って実行すると意外にもスッキリ。あと少し手を加えるとチェックボックスの見た目や動きをコントロールすることも可能です。

チェックボックスが有効でない場合はグレーアウトしておくとわかりやすいです。

通常のチェックボックスと比べると使いやすさも大幅に向上いたします。

以下は研究生に向けた限定の記事です。

チェックボックスの見た目をiOS風トグルスイッチに変更する方法

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -