ワードプレスで来訪者の数を調べられるアクセス解析を導入する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

運営中のウェブサイトでアクセス解析は活用していますか?アクセス解析があれば以下の情報が調べられます。ちなみにデータは蓄積されていくので期間を指定してのアクセス比較も可能です。ウェブサイトにアクセス解析を導入すれば来訪ユーザーを見える化(可視化)できるので未導入の方はぜひお試しください。

・来訪者がどういったキーワードを調べてサイトに訪れているのか
・検索エンジン上で検索されたキーワードでサイトが何位に表示されているのか
・サイトに訪れたユーザーがどのメニューをクリックしてページを去ったか

上記に書き出した内容はほんの一例でまだまだたくさんのデータが取れます。データが取れるとウェブサイトを改善していく際に役立ちます。もし仮に「流入が多くなってきているキーワード」が見つかればそのキーワードに対してコンテンツを新しく追加することもできますし、リアルタイムで今何人のユーザーがウェブサイトを閲覧しているのかもわかります。指定した期間のPV数(閲覧回数)も把握できます。

ワードプレスで来訪者の数を調べられるアクセス解析を導入する方法

ウェブサイトにアクセス解析を導入したいなら「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」を導入してください。両方とも無料で使えるので使用に余計なお金は必要ありません。

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

Googleアナリティクスでできること

以前に別の記事でGoogleアナリティクスについてざっとまとめています。

無料の高機能アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」で出来ること

Googleサーチコンソールでできること

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールは両方をかけ合わせるのがおすすめです。カンタンにいうとアナリティクスは「サイトに入ってきた後のユーザー情報を可視化するツール」で、サーチコンソールが「サイトの入ってくる前のユーザーを情報を可視化するツール」なのでぜひ覚えておいてください。

以前にGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携する手順もご紹介していますので興味があればぜひ併せてご一読くださいませ。手順はシンプルなので慣れればすぐに設定ができます。

ワードプレスで運用しているウェブサイトへGoogleサーチコンソールを導入してGoogleアナリティクスと連携させるまでの手順

アナリティクスとサーチコンソールはどちらを導入すればよいの?

結論から言うと両方とも導入しておくのが吉です。ただ、作業に不慣れであれば初期設定方法がわからずに詰まるので片方だけでも構いません。その際はまずはGoogleアナリティクスから導入を試せばOKです。

上記はGoogleアナリティクスをスマホからチェックできるアプリなので項目数は少なめです。もし全体のデータをチェックしたければパソコンからGoogleアナリティクスにログインしたらチェックできます。ごく稀に設定してもデータが読み込まれないという現象が発生しますので正しい手順で導入くださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

- 新コースでワードプレスを学ぶ【AD】-

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください