Wixで作ったウェブサイトへのアクセスをURL自動転送させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

過去に運営してきたウェブサイトのアクセスを取りこぼさない方法があります。カンタンに言えばリダイレクト処理をかまして旧URLから新URLに自動転送を行う方法です。たとえ1アクセスと言っても1アクセスの向こう側に目を向けると「1人のユーザーがいる」わけなので決して少ないアクセス数でも馬鹿にはできません。

本日は旧ウェブサイトから新URLに転送させる方法をご紹介いたします。

Wixで作ったウェブサイトへのアクセスをURL自動転送させる方法

まず前提としてWixで「301リダイレクト」を使うには独自ドメインが必要です。独自ドメインは有料プランでないと使えないのでURL自動転送機能を設定する場合はお金を支払わなければなりません。

ただし、有料プランに加入しなくても設定は作っておけるので手順を解説いたします。

リダイレクトの設定方法

ダッシュボードで「リダイレクト」と検索すればメニューが表示されます。

画面を開くとリダイレクトマネージャーが起動いたします。

設定は「新しいリダイレクトを作成する」を押しましょう。

以下が設定画面です。項目を見る限りは「Wix内」にしか対応していませんね。外部サイトへの転送は不可。

入力例では「スラッシュ(/)から始める書き方」でないといけないようです。下記の記述では動きません。

ちなみに設定後は「ドメインを接続するまでは利用できない」と表示されます。

カスタムコードで自動転送する

Wixで外部サイトへURL転送をする場合は「カスタムコード」を使います。わかりやすく言えばカスタムコードならJavaScriptが使えるので「JavaScriptのコードを使って転送処理を行う」という意味ですね。

カスタムコードの利用にも同じく「アップグレード(有料プラン)」が必要です。

JavaScriptで転送を行うコード

以下のコードが自動転送用の記述です。

<script type="text/javascript">
window.location.href('転送先URL')
</script>

実際にURLを入れた例が以下。

<script type="text/javascript">
window.location.href('https://google.com')
</script>

転送を細かく指定することもできます。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

・アクセスがあったら指定の秒数後に転送処理を実行する
・自動転送時に任意のURLパラメータをあらかじめ付与する
・閲覧しているユーザーの端末によって転送先を変える

新しくサイトを立ち上げた場合は「URL自動転送」を行えば旧サイトへのアクセスが無駄になりません。旧URLへのアクセスを連携することで検索エンジンからの評価も上がりやすく運営時はおすすめです。

まとめ

本日は「Wixで自動転送を行う方法」をご紹介させていただきました。

もし独自ドメインを取得して新しくウェブサイトを立ち上げたら、旧サイトへのアクセスもできる限り生かしたいですよね。そんなときはURL自動転送(301リダイレクトかJavaScriptでの転送)が有効です。

ぜひお試しくださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください