小規模システムを構築する際に活用したい管理画面テンプレートとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は管理画面のテンプレートをご紹介いたします。ワードプレスでは本体をインストールすると管理画面も自動で作られますよね。ワードプレスは柔軟なシステムなので管理画面もカスタム可能です。元々の管理画面をベースに手を加える方法もあれば、異なるデザインをゼロから作ることもできます。

小規模システムを構築する際に活用したい管理画面テンプレートとは

ワードプレスに限らず「システム」と呼ばれる仕組みは『データの保管場所』でしかありません。

どんなシステムも基本的にはデータベースと呼ばれる入れ物を利用しています。その箱のなかに必要に応じてデータを格納しておき、状況に合わせて最適な形で情報を取り出すために動かしているわけです。

ワードプレスで言えば「管理画面にログインしたユーザー」に紐づいたデータ、正しくは各ログインユーザーが持っている記事データを、ユーザーのログインと同時に引っ張り出して、管理画面に表示しています。

管理画面のサンプルテンプレート

下記のようなテンプレートを使えば安くで構築できます。システム構築用にあらゆるレイアウトを想定した管理画面テンプレートなので管理画面の開発コストを最低限で抑えられます。大幅に開発費を減らせます。

スマートフォンやタブレットにも標準対応

管理画面はレスポンシブなのでスマホで開くとぴったり表示されます。

上記は汎用テンプレートなので項目を仕様に合わせて当て込んでいきます。たとえば以下が「ブログ運営」で独自の管理画面を作った場合です。コンテンツ管理としてブログの「投稿」さらに基本設定で「プロフィール」の項目を準備しています。あとは月ごとの記事作成数や仮の報酬額を引っ張って表示させています。

管理画面のデザインは細かく調整可能

左上に表示されていた「いいねアイコン」も「キーボードのアイコン」に置き換えたり、細かく微調整をしています。使うアイコンや入力項目は導入するシステムに応じて変更すればOKです。

各項目でどういった情報を表示させるかはシステムの仕様で異なるのでサンプルとしてご確認ください。外部ライターさんを管理する仕組みだったり、ワードプレスの管理画面をオリジナルで置き換えたり、管理画面のカスタマイズは自由自在に行えるのが特徴です。使いやすくシンプルな見た目になるのも良いですよね。

さきほどのブログ運営に最適化した管理画面をパソコンで開いたバージョンがこちらです。記事のあたまで説明した基本ベースのテンプレートと比べるとメニュー数も少なくシンプルな構成になっています。

以下がプロフィール画面を開いた状態です。名前やメールアドレス等が管理されていますね。シンプルです。

管理画面のデザインが変わるとまるでワードプレスではないような印象を受けますね。裏側の仕組みをワードプレスで構築しておいても見た目さえ入れ替えれば完全オリジナルの更新管理システムに見えます。ちなみに管理者や実際の投稿者がログインする画面も専用で作り変えられるので費用次第でどこまでも再現できます。

どんなシステム開発でも管理画面は必須です。当然ですが「管理者向け画面」と「更新者向け画面」を変更するなど仕様次第では細かく準備する必要があります。権限で非表示にするだけ等、簡易的な制御もできるのでシステム開発は予算に合わせて最適な仕様を選ばなくてはなりません。管理画面も奥が深いですね。

まとめ

本日は管理画面のテンプレートについて解説させていただきました。もちろん、ワードプレスなら標準の管理画面があるのでわざわざ管理画面を準備する必要はありません。ただし、状況によっては「投稿者がワードプレスだと気づかないように独自の管理画面でシステムを運用したい」といった場合もあります。

またシステム開発会社として管理画面の構築を請け負った場合(あなたがシステム開発会社なら)、管理画面のデザインのライセンスにも目を向ける必要があります。GPLライセンスよりもMITライセンス、またMITライセンスで開発するならカスタマイズするアドオンもMITライセンスを選ばなくてはなりません。

たとえベースのテンプレートがMITライセンスだとしても、GPLライセンスのライブラリを導入した時点でライセンスはGPLになってしまうのでカスタマイズの範囲によっても考える範囲は異なります。独自の管理画面テンプレートも想像している以上に奥が深いのでぜひ色々とご検討くださいませ。

▼テンプレートのサンプルURLはこちら
https://sampletest.org/wp-admin-plus/login.html
※ID/PASSなしでそのままログイン可能です

ログインは「ログインする」をクリックするだけでOKです。実際にはログイン処理はされずそのまま管理画面が表示されます。なお、管理画面内では「架空の個人情報(ダミーデータ)」で表示されます。管理画面の使い勝手やテンプレートのデザインチェックとしてご参考いただけますと幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する