URLからドメイン名をピンポイントで取り出す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

URLの情報は1つずつ分解可能です。具体的には「parse_url()」を使えば要素を配列として変換できます。

URLからドメイン名をピンポイントで取り出す方法

関数「parse_url()」の使い方は以下です。

<?php
	$url_about = "http://www.example.com/test";
	$url_parts = parse_url($url_about);
	print_r($url_parts);
?>

実際に出力される内容が下記です。改行を足して見やすくしています。

それぞれの情報が配列として格納されていますね。URL内にはBasic認証のユーザー名とパスワードを含んだりポート番号、またはアンカーネームの情報など他にも色々な値が含まれている場合があります。

http://user:password@www.example.com:80/test/sample.php?a=b&c=d#name

上記情報をそれぞれまとめておきますね。

▼Basic認証のユーザー名
user

▼Basic認証のパスワード
password

▼ポート情報
80

▼クエリー情報
a=b&c=d

▼アンカー情報
#name

すべて配列に分解できます。

<?php
	$url_about = "http://user:password@www.example.com:80/test/sample.php?a=b&c=d#name";
	$url_parts = parse_url($url_about);
	print_r($url_parts);
?>

各々の要素が配列内に収まっていますね。

ちなみに上記の書き方では改行表示にならないため前後に「<pre>」タグをつけて出力しています。

$url_about = "http://user:password@www.example.com:80/test/sample.php?a=b&c=d#name";
$url_parts = parse_url($url_about);
echo "<pre>";
print_r($url_parts);
echo "</pre>";

改行は見やすさだけの問題です。以下が「<pre>」タグをつけなかった場合の表示。少し見にくいですね。

PHPでは情報の取得後に必要な値を取り出して処理を書くことが多いので慣れた方法でお試しくださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -