投稿にテンプレを差し込む「TinyMCE Templates」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

本日は記事作成時の業務効率化として使えるテンプレートデータをご紹介させていただきます。お決まりの文章構成でコンテンツを作成してく場合にかなりパワーを発揮するのでオススメ。ぜひご活用ください。

投稿にテンプレを差し込む「TinyMCE Templates」

インストールは管理画面内から行えます。最終更新は5年前ですがClassic Editorでも問題なく使えます。古いプラグインを使う場合は「脆弱性対策情報データベース」で検索しておくと安全ですね。

インストールして有効化すると下記が表示されます。

テンプレートの「新規追加」からコピー元となるデータを作っておきましょう。

テンプレートは投稿からでも固定ページからでも呼び出せます。

下記の通りテンプレートとして公開したデータがセレクトボックスから選べます。

右下の「テンプレートを挿入」ボタンで差し込みが完了いたします。

まとめ

本日は「記事作成時のテンプレート」を解説させていただきました。

作成していくコンテンツにお決まりの構成や定型文となるパターンがあればあらかじめテンプレートとして作成するとより効率的に制作を進めることが可能です。新しくコンテンツを作るたびに別の記事からコピペしている場合は大幅に業務効率がアップするので必要があればテンプレート機能を活用しましょう。

更新が止まっているプラグインは動かないケースもあるのでバックアップ後に試すのがおすすめです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻ウェブサイト運営でお困りの方へ

⇒ WordPressの設定ミスを即日で解決  安心の定額サポート