情報発信である3つの間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

継続してコンテンツ作成はつづけていますでしょうか?最近は情報発信が必須の時代ですよね。もしまだ取り組んでいないのであればまずは「情報発信の違い」から理解することをおすすめいたします。

情報発信である3つの間違い

まず前提として情報発信には大きく3種類あります。3つの違いを理解しないままで情報発信を続けても効果がないので適切な情報の形を意識しておきましょう。

1. 信頼につなげるための情報
2. 深く切り込み一歩踏み込む情報
3. 案件を成約させるための情報

ざっと各々を解説させていただきます。

1. 信頼につなげるための情報

コンテンツマーケティングの中心は信頼を獲得するための情報発信になります。

基本は読み手の価値になる内容ですね。勉強になることに価値を感じるユーザーもいれば、裏話が知りたいユーザー、表面的な内容から深掘りした話を聞きたいユーザーなど読者にはさまざまな層がいます。

来訪ターゲット層によって読みたいコンテンツは違います。信頼につなげるためのコンテンツが95%以上を占めるのが理想。

2. 深く切り込み一歩踏み込む情報

今旬で話題の内容です。トレンドに敏感なユーザーが「おっ」と感じる記事。

特に旬な記事はアクセスが集まります。しかし、あくまでも瞬間風速。長期的に考えると「アクセスが伸びない」ので投稿比率は抑えなければなりません。

ちなみに当研究所ではほとんど配信していない内容ですね。5%未満でOKです。

3. 案件を成約させるための情報

案件発生につなげるための記事。一般的に言うコンバージョン(成約)させる内容。

これまでに配信してきた各記事を総括したり、お問い合わせをもらいやすい記事など形式はたくさんあります。見方によっては「売り込み」っぽくなることもあるので好みが別れるコンテンツです。

商品やサービスが売れなければ更新作業は続けられません。とても大切な情報発信の1つです。同じく5%未満に抑えましょう。

まとめ

本日は「情報の形」を解説いたしました。

・信頼につなげる情報
・読み手の意表をつく情報
・成約をしてもらう情報

今や情報発信はどの業界でもスタンダード。もしまだ取り組んでいなければ機会損失です。自社プラットフォーム内(ウェブサイト)での情報発信や、他社プラットフォーム(YoutubeやSNS)など配信手段にも種類はあるのでコンテンツには違いがあることを理解してください。しっかり学べば行動も変わります。

情報の種類や質を考えずにコンテンツを配信し続けても成果にはつながりにくいのですべてを逆算しながら設計して足並みを整えなければなりません。まずは情報発信の種類から抑えておきましょう。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -