関連記事を出す条件とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

運営中のウェブサイトに「関連記事」を出していますでしょうか?

記事を読み終わった後のユーザーに対して「別記事を提案するのが関連記事の役目」です。関連記事を出す方法大きく2種類あります。1つが「同じカテゴリーに属す記事」を出す方法。そして2つ目が「同じタグが設置されている記事」を出すというパターンですね。それぞれ特徴があるので解説させていただきます。

今回はどういった出し方がベストなのか?も含めて考え方をまとめておきます。

関連記事を出す条件とは

参考までに関連記事は下記です。

上記はワードプレスの条件分岐を書いた記事に表示されている関連記事です。

1. 同じカテゴリーに属す記事

運営初期の頃は「タグが一致する記事」は少ないですよね。

そのため運営してまだあまり時間が経っていない場合は「同じカテゴリーの記事」を関連記事として表示させるのがおすすめ。カテゴリーは大枠でタグが細かい分類なので一致しやすいのはカテゴリーです。

2. 同じタグが設置されている記事

記事が数百件へと増えたら「タグ一致」に切り替えると効果的です。

タグはより細分化されたキーワードの集まりなので一致するカテゴリーよりも関連度が深くなります。関連記事では関連度が高ければ高いほどユーザーが興味を持っている可能性も上がるわけです。タグの一致とカテゴリーの一致では関連記事としての精度が違うと考えましょう。実際はカテゴリーとタグの使い方にもよるので一概には言い切れませんが、多くの場合でカテゴリーは大枠の整理として使われています。

3. タグとカテゴリーの組み合わせ

理想はタグとカテゴリーの組み合わせ。

▼判断基準1
一致するタグがあるかどうか?

▼判断基準2
一致するカテゴリーがあるかどうか?

▼判断基準3
両方とも一致しなかった場合は表示しない

カンタンに言えば「一致するタグがない場合は同じカテゴリーに属す記事を出す」ということですね。

まとめ

本日は「関連記事を出す条件」についてご紹介させていただきました。

テーマによっては関連記事を出す条件を変更できることもあります。またアイデア次第では「タグの一致で点数を振り分けてスコアが高い記事を優先的に表示させる」といった制御を行う工夫も可能です。

記事の終わりに表示する関連記事と言ってもさまざまなやり方があるのでぜひご参考くださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください