特定サブドメインのみ異なるサーバーを指定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

ドメインブランディングの一環で「サブドメインだけを異なるサーバーで運用したいケース」がありますよね。たとえば運営サイトの「example.com」は今のままサーバーを変えずに「sub.example.com」のみを新しく契約するサーバーでウェブサイトを運営したいといったシチュエーションがあった場合も設定次第で実現可能です。

下記でざっとご紹介させていただきます。

特定サブドメインのみ異なるサーバーを指定する方法

状況によっては「運営サイトのグローバル化で独自ドメインを一本化したい」といったご相談をいただきます。もちろん、グローバル化以外もドメインが複数で情報が散らばっていると整理したくなりますよね。

国内向けサイトと海外向けサイトはドメインを別々にして運用するべきなのか

上記URLではドメインの運用例を洗い出しているのでぜひ併せてご参考くださいね。

単独でサブドメインを動かす

サブドメインを設定してうまく活用すれば「異なるサーバーの個別プロジェクトに紐づけることが可能」です。

<Aサーバー>
https://example.com

<Bサーバー>
https://sub.example.com

ちなみにサブドメイン化すればインターネット上では別サイトとして認識されます。ドメイン代も1つ分だけで済みながら意図的に違うプロジェクト用に立ち上げられるので分散という意味では嬉しいですよね。

設定ミスは許されない

注意点としてはサブドメインとサーバーの関連づけで「設定方法や手順を間違えるとメインのサーバーが見れなくなったりトラブルに発展する可能性もある」ので操作はなるべく慎重に行わなければなりません。

メインサーバーで運営しているドメインのウェブサイトに少しでもアクセスがある場合は気をつけてください。万が一設定をミスしたり重要な記述を削除してしまうと復旧に時間を要する可能性もあります。

最終的に実現したい運営形式によっても手順が変わってくるのでまずは情報整理から始めるのがおすすめです。

ドメインに設定を追加する

考え方としては既存のドメイン設定にサブドメインのAレコードを追加すればOK。

この際にIPアドレスは別サーバー側で指定された値を入力する必要があります。設定の追加方法は使用しているレンタルサーバーや新しく紐づける個別サーバーによって入力値や設定箇所も違ってくるはずです。

設定終了後に個別サーバー側で同じサブドメインをサーバーコントロールパネルから追加して完了となります。

カンタンに言えばサブドメインとIPアドレスを強制的に連動させるための設定を行うだけですね。

まとめ

本日は「サブドメインを外部サーバーで運営する方法」をご紹介いたしました。

仮にエックスサーバーで個別サブドメインの運用をお考えであればシステムの都合上でメインのドメインを登録してからでないとサブドメインを追加することができません。つまり、サブドメインを正しく連動させるための流れでエックスサーバーでは使用をしないメインのドメインから事前に空登録を済ませておく必要があります。

本記事がご参考になれば幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

💻SEOに強いWordPressテーマ

⇒ 大人気のワードプレステーマ「賢威」 2万を超えるお客様がご使用中!

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください