サブディレクトリにインストールしたワードプレスのsitemap.xmlをルートへ移動させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

内部SEO対策に必須の「sitemap.xml」。以前に「プラグイン名の変更」をお伝えいたしました。本日はサブディレクトリにインストールしたワードプレスでsitemap.xmlの位置を変更する手順を解説させていただきます。手順としては「.htaccess」でリライトルールを追加するカスタムですね。少し難易度は高いかもしれません。

サブディレクトリにインストールしたワードプレスのsitemap.xmlをルートへ移動させる

もし「https://example.com/wp」にワードプレスをインストールすると仕組み上でサイトマップが生成される場所は「/wp」配下となってしまいます。運営サイトの表記上でサイトURLから「/wp」を省略するカスタマイズもありますがワードプレス本体自体が「/wp」で動いている以上はsitemap.xmlの保存場所が変わりません。

保存される場所について

ワードプレス本体をサーバー上のどこにインストールしているかでサイトマップ生成場所も違ってきます。もし仮に「https://example.com/wp」なのであれば下記にsitemap.xmlが保存される仕組みですね。

<サイトマップの保存場所>
https://example.com/wp/sitemap.xml

ドメインルートに保存するには?

本来の解決策は「そもそもサブディレクトリ(/wp)にワードプレスをインストールしないこと」ですが利用しているレンタルサーバーによってはドメインルートにワードプレス本体を置けない仕様もあります。

<本来保存したい場所>
https://example.com/sitemap.xml

ワードプレス本体は「/wp」にアップしておきながらも「sitemap.xml」の生成場所はドメインルートにしたいといった状況であれば独自のリライトルールを追記すれば正式に対応することができます。

リライトルールを追加する

下記のリライトルールを「.htaccess」に追記すればsitemap.xmlの位置を変更可能。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule ^sitemap(-+([a-zA-Z0-9_-]+))?\.xml(\.gz)?$ /wp/sitemap$1.xml$2 [L] 
</IfModule>

以上で完了です。

まとめ

本日は「sitemap.xmlをルートへ移動する方法」をご紹介させていただきました。

念のためサーバーにワードプレスがいくつインストールされているかもチェックしておかなければなりません。たとえばドメインルートに1つ、サブディレクトリに1つ各々ワードプレスが入っている場合は両方のサイトマップを考慮する必要がありますよね。存在に気づかずバッティングしてしまうと意味がありません。

ぜひご参考くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください