Stripeで本番申請をしてAPIアカウント設定を入れ替える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Stripeでは「テスト用のアカウント」と「本番用のアカウント」が別れています。Stripeを決済システムとして使う際は事前準備サイトでは「テスト用のAPI」、本番公開サイトでは「本番用のAPI」を使います。

Stripeで本番申請をしてAPIアカウント設定を入れ替える方法

もし「本番用のAPI」を使う際はStripeの管理画面から「アカウントの有効化」を行いましょう。当たり前ですが「Stripeアカウントを有効にする前」まではテストモードとしてしか動かせません。

アカウントの有効化は「Stripeアカウントを有効にする」から行います。

▼受講料無料でプログラミング習得💻

⇒ 完全無料のプログラミングスクール  まずは完全無料でプログラミングを学習

本番申請は「今すぐ開始」をクリックして進めていきます。

申請にはいくつかの情報が必要となります。1つずつ入力して「次へ」を押しましょう。

本番申請が完了すると本番APIキーが取得可能になります。サイドメニューのマークをクリックで切り替えるとテストモードと本番モードへの切り替えが可能です。マークをOFFにすると「テストデータを表示」となり本番モードとして動きます。マークをONにすると「テストデータの表示中」となりテストモードになります。

ウェブサイト側にも本番用のAPIキーを設定する項目があるので必要に応じて入れ替えましょう。ウェブサイト側は「Live Publishable Key」に公開可能キー、「Live Secret Key」にシークレットキーを入れます。

以上でAPIキーの入れ替えが完了となります。Stripe側でテストモードにして何度か最終チェックの決済テストを行い、決済に問題がないことを再度確認したのちに本番モードに切り替えるのがおすすめです。

まとめ

Stripeは手数料も低く、手軽で便利な決済サービスですね。余談ですが、以前に別の記事で「独自ドメイン(.com)の重要性」について解説いたしました。念のため記事のリンクを以下に貼っておきますね。

ビジネスの事業展開で「.com」ドメインが必要と考えているあなたへ

実は「stripe.com」も同じくドメイン名に勝負をかけていました。最終的には「stripe.com」と「parse.com」の2つに絞ったとの文献が残っています。アメリカ人が口すっぱく「.comを抑えろ」と言うのには色々な意味が込められていますね。たかがネーミング、されどネーミング。名前は信頼を構築する第一歩です。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

PHP7.2以降でthis will throw an Error in a f

WordPressに活用できる技術