更新範囲を指定してまとめてSQLを実行する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SQLのUPDATEで範囲を指定してまとめて実行する方法をご紹介いたします。

更新範囲を指定してまとめてSQLを実行する方法

記述は以下の通り。指定した範囲をまとめて上書きするSQLなのでデモ環境で事前確認するのがおすすめです。

UPDATE テーブル名 SET フィールド名 = '変更後の値' WHERE テーブル名.変更先のフィールド名 BETWEEN 変更するフィールドの開始番号 AND 変更するフィールドの終了番号;

ちなみに下記が「table_nameのtest_idに1〜5を持っているカラム」を全対象として「table_nameのidに123をまとめて適用する書き方」です。数が多い場合は1〜9999などまとめて指定できるので楽ですよね。

UPDATE table_name SET id = '123' WHERE table_name.test_id BETWEEN 1 AND 5;

たとえば「test_id」が104703〜104709までのfield_id(現時点の555)をすべて「12345」へ置き換える場合。

SQLで書くと以下となります。

UPDATE table_name SET field_id = '12345' WHERE table_name.test_id BETWEEN 104703 AND 104709;

まとめてSQLを実行する場合に便利な書き方ですよね。ただし、入力ミスは許されないので実際はご自身の環境に合わせてテストを繰り返して問題ないかチェックする必要があります。phpMyAdminやphpLiteAdminの管理画面内から各項目をクリックして変更すると数時間かかる作業があっという間に終わります。効率的ですね。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください