もっとも手軽にクレジットカード決済を導入する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Stripeでアカウント作成すれば誰もがクレジットカード決済(VISA/MASTER/JCB)をウェブサイト内に導入できます。最近は「ワードプレスとStripeを連携させるプラグイン」も豊富に揃っていますよね。

もし商品ごとで価格を変更しないなら「Simple Stripe」が使いやすいです。API連携も最小限でキーを設定するだけでOK。ちなみに価格も固定式と自由変更式へ切り替えられる仕組みが採用されています。

詳しくは以下でご紹介いたします。

もっとも手軽にクレジットカード決済を導入する方法

プラグインはワードプレスの管理画面からインストール可能です。

プラグインを有効化

プラグインの新規追加から「Simple Stripe」と検索しましょう。

有効化すると下記が追加されます。

メニューは「設定 > Simple Stripe」です。

設定画面

まずはテストモードで「公開可能キーとシークレットキー」を入力。

商品の設定は下記で行います。価格を固定にする場合は「価格の調整」で固定へ変更してください。

ショートコードを差し込む

ショートコードは下記です。すぐ下に表示されている「カスタムショートコード」という機能でショートコードに各設定をオプションで上書きできるため価格を個別設定することもできます。ただし、複数の商品を登録管理できるわけではありませんのであくまでも「ショートコードのオプション設定」となっています。

希望のページ内に差し込めばOK。

支払いテスト

実際に表示した状態が下記です。ボタンを押すとポップアップが表示されます。

商品の設定内容が反映されていますね。

ダミーカードで支払いを試しましょう。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

支払いが完了したら下記メッセージが表示されます。

以上で完了です。モードをテストからライブへ切り替えると本決済が動きます。APIキーもお忘れなく。

まとめ

本日は「簡易的なクレジットカード決済に対応させる方法」をご紹介いたしました。

商品点数が限られている場合は最適かもしれません。もし商品点数が複数に渡る場合や、決済時に独自発行したクーポンを使いたいといった場合は別のプラグインを利用するのがおすすめです。

少し前からStripeはアカウント開設時にJCBカードも対応となりました。決済手数料も業界最安なので有名なサービスの裏側にも採用されている注目の決済システムです。ぜひこの機会にご検討くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください