Stripe決済導入専用プラグイン「Simple Stripe Checkout」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はStripe決済を導入できる便利なプラグインをご紹介いたします。

Stripe決済導入専用プラグイン「Simple Stripe Checkout」

とりあえず指定金額でのクレジット決済に対応したいという方は必見のプラグイン。

Simple Stripe Checkout

追加されるメニュー

名前の通りとてもシンプルな構成です。

StripeのAPIキーを設定する

公開キーとシークレットキーを入力。本番前はテスト用を使いましょう。

 Webhookを連携設定する

APIキーを連携するとWebhookの登録が行える仕組みです。

商品を登録する

価格や商品名を入力。一括支払いやサブスクリプション支払いに対応しています。

ショートコードで設置する

決済ボタンを表示するページにショートコードを差し込むだけでOKです。

決済ボタンを確認する

ショートコードを差し込んだ位置にボタンが表示されます。

ちなみに「メール設定が未完了」ではボタンが出ません。

購入テストを行う

ボタンを押すと決済を行えます。

仮のカードを入力してテスト決済。

テストカードの番号は下記をご参考くださいませ。

VISA・Master・JCB等のクレジットカード決済を行うテスト番号

決済後にStripeの管理画面を開くと支払いテストが完了済み。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

制限付きのAPIキーも使用可能

APIはWeb経由でのアクセスを許可するので特定機能に絞ったキーでも動かせます。

お好みの名前でキーを作ればOKです。

与える権限について

もし制限付きのAPIキーを作るなら下記をご参考ください。

▼書き込み(権限)
・Charges
・Customers
・Product
・Plan
・Subscriptions
・Webhook Endpoints

▼読み取り(権限)
・Authorizations

まとめ

本日は「簡易的なStripe決済ができるプラグイン」をご紹介いたしました。

ダウンロード形式の販売ができるといった高機能プラグインではありませんが指定金額での一括払いや定額払いに対応しているので最低限の運営を希望されている方にとってはベストな構成に仕上がっています。

メール本文の変更はPHPの直接編集が必要です。あと即時決済をOFFで設定すれば決済確定を24時間経ってから自動で行うことも可能。設定はワードプレスの管理画面内で行えるので便利ですね。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください