ワードプレスサイトでコンテンツ泥棒を防止するために右クリック禁止を導入できる専用プラグイン「Right Click Disabled」

集客力の高いオウンドメディアを構築していく上ではコンテンツ力が何よりも大切となります。また、コンテンツマーケティングの世界では「Contents is King(コンテンツは王様です)」という言葉があるくらいコンテンツが重要視されています。

しかし、練りに練った独自コンテンツなのにその一部を我が物顔で堂々とコピー掲載されてしまうとすごく悲しいですよね。基本的には自己紹介ページやフッターエリアで「掲載情報や画像など全コンテンツの無断複写・転載を禁じます」とあらかじめ明示しておけば良いのですが、サイトを閲覧しているユーザーの状況によっては注意書きを見落としてしまったというシチュエーションもあるのかもしれません。

そんな時はJavascriptを使って「右クリックを強制的に禁止」としてしまうのも1つの解決方法です。

<script type="text/javascript">
<!--
	/* 右クリック禁止 */
	document.oncontextmenu = function() {
		return false;
	};
// -->
</script>

上記のスクリプトを書いて禁止したいページ側で読み込ませるだけでマウス操作の右クリックができない状態に制御をしてくれます。少しマニアックな話になりますが、スクリプト記述時に「コメントアウト」タグが前後に入っているのは、古いブラウザでも正しくJavascriptを認識させるおまじないです。html5以降は「//」が不要になりましたがhtml4.01では必須です。

念のためワードプレスのプラグインで探してみたら「RCD-Right Click Disabler」というプラグインが見つかりました。しかし、プラグインを有効化しても動作せずでマウス操作の右クリックを禁止にできませんでした。プラグインが“星5評価”だったこともあって導入を試してみたのですごく残念でした…。

そこで今回は右クリック禁止にできるプラグイン『Right Click Disabled』を作成してみました。

このプラグインを導入すると全ページで右クリック禁止(管理画面を除く)になります。なお、ファイル(ZIP形式)のダウンロードも可能な状態としていますので、もしこれまでに別のプラグインをインストールしていて残念な結果に終わっていた状況なら一度導入をお試しいただければ幸いです。

ではインストールしていきましょう。管理画面「プラグイン > 新規追加」をクリックしてください。

そして、「プラグインのアップロード」をクリックしましょう。

すると以下の画面が開きます。

ダウンロード申請後にデスクトップへ保存した「ZIP形式」のプラグインデータを選択しましょう。ZIPファイルを直接「ファイルを選択」へドラッグしてもファイルを選択可能です。

選択状態になったら「今すぐインストール」をクリック。

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックください。

有効化が完了すると、インストール済みプラグインの一覧に「Right Click Disabled」が表示されます。

ではトップページや下層ページ側で「右クリック」を試してみましょう。

右クリックで何も反応しなくなったらOKです。有効化するまでは以下のメニューが表示されていました。

なお、当サイトではGoogle Chromeブラウザのデベロッパー(開発者)モードを使って様々な検証作業に取り組んでいますので「右クリック禁止」は解除しております。もし重要なコンテンツを取り扱っている場合や画像ファイルなどをダウンロードさせたくない方はぜひ一度お試しくださいませ。

最新式のプラグインを事前公開!

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。オウンドメディアのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずはフリーDLからお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する