レンタルサーバー自動バックアップからウェブサイトを復元する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WPホームページ研究所運営サポートチーム監修のオムスビ(@OMUSUVIcom)です。

レンタルサーバーの自動バックアップ機能を活用したことはありますか?バックアップの方法や復元手順はサービスによってバラバラですが、正しい手順を踏めばウェブサイトを古い状態へ戻すこともできます。

本日は一般的なレンタルサーバーでのカンタンな流れをご紹介いたします。

レンタルサーバー自動バックアップからウェブサイトを復元する方法

ひとことでバックアップと言ってもシステム側では2つの重要データをそれぞれ保存してくれています。以前に「レンタルサーバーの仕組みを図解でまとめた記事」があるのでぜひ併せてご参考くださいませ。

ワードプレスがレンタルサーバー上で動作する仕組み

ざっくりと言えば復元は「Webサーバー」と「DBサーバー」のデータが必要です。

・Webサーバーのデータ(FTP上に存在するファイル一式)
・DBサーバーのデータ(設定を管理している重要ファイル)

あとメールも使っているなら「メールサーバーのデータ」も復元の対象となります。

バックアップメニューで操作する

レンタルサーバーにもよりますが自動バックアップはファイルが複数生成されます。

WEBデータやDBデータといった希望の復元ファイルを選んで進めましょう。

バックアップの復元が実行されます。ただし、ウェブサイトが元に戻るわけではありません。指定のバックアップファイルがWebサーバー上に出来上がってから自分自身で入れ替え作業を行う必要があります。

必要なデータを復元すればサーバー上に物理的なファイルが出来上がります。ファイルさえあればあとは自由。クローン環境を作ってテスト用のサブドメインで復元を試すのも良いかもしれません。

まとめ

本日は「バックアップデータの復元手順」をカンタンにご紹介いたしました。

最近のレンタルサーバーは復元機能が充実しているので困ったらぜひお試しください。現状のファイルも念のためにバックアップしておけばより安全に作業を進められます。1つずつ確実に進めていきましょう。

もし自前でサーバーを組むと「バックアップシステム」に費用がかさむのでありがたいサービスですね。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻SEOに強いWordPressテーマ

⇒ 大人気のワードプレステーマ「賢威」  2万を超えるお客様がご使用中!