ワードプレスサイト全体をワンタッチでSSL対応にする便利プラグイン「Really Simple SSL」

GoogleやYahooの検索エンジンではSSLを導入したサイトがSEOランキング上で優遇されると正式に発表されてから一気にレンタルサーバーでのSSL無償化が進みました。しかし、サーバー操作が苦手な方はSSL導入でつまづく方もいらっしゃるようです。

本日はワンクリックでSSL対応化するプラグイン「Really Simple SSL」をご紹介いたします。

ではプラグインの導入作業を進めていきましょう。まずは「プラグイン > 新規追加」をクリック。

次に右上の検索ボックスへ「Really Simple SSL」と入力しましょう。そして「今すぐインストール」をクリックしてください。

次に「有効化」をクリック。

有効化が完了するとインストール済みプラグイン一覧へ移動します。以下が表示されていればOKです。

一覧画面の最上部に以下が表示されています。もしワードプレスをインストールしているサーバー側で既にSSL証明書が発行済みであれば「はい、SSLを有効化します。」をクリックしても問題ありません。もしMixhostをご利用中であればSSLが標準インストールされています。

仮にXserverをご契約中の場合は、サーバーコントロールパネル上でSSL証明書を発行する手続きが必要です。もしXserverでワードプレスを運用しているときはSSL証明書の発行手続きをまとめた記事「XserverでSSL証明書を発行する流れ」をご参照ください。

ちなみにSSLを導入する前のアドレスバーがこちら。

まだSSL通信化されていないので「保護されていない通信」と表示されていますね。ビックリマークが付いていたり、閲覧者からすると安心感に欠けるイメージを与えてしまいそうです。なお、当サイトでは現在、Mixhostにてワードプレスを運用していますので作業を続行いたします。ではさきほどの「はい、SSLを有効化します。」ボタンをクリックしていきましょう。

するとセッションの有効期限が切れます。「もう一度ログインしてください。」をクリックしましょう。

ログイン画面へ移動します。ユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてください。

管理画面へログインすると、以下のメッセージが表示されています。念のため「settings page」をクリックして設定状況を確認しましょう。

以下の表示になっていればOKです。

では再度アドレスバーをチェックしてみましょう。

しっかりと「鍵マーク」が表示されています。以上でワードプレスサイトのSSL化が完了いたしました。もしまだウェブサイトがSSL対応していないない状態であればぜひお試しください。

最新式のプラグインを事前公開!

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。ワードプレスサイトのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。ぜひ無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する