Blueskyを支えるテクノロジー「AT Protocol」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

次世代Twitterの最有力候補として期待されている「Bluesky」。現時点のTwitterは中央集権型なので非中央集権型SNSとして開発が進んでいる最新サービスですね。Twitter共同創業者であるジャックドーシーらが携わる新たな分散型SNSとなります。Blueskyは単純なSNSではなく「AT Protocolを広げるためのプロジェクト」です。

下記でざっとご紹介させていただきます。

Blueskyを支えるテクノロジー「AT Protocol」とは

少しだけ仕組みの話をすると「Bluesky」は「AT Protocol」上で動くアプリです。

カンタンに言えば自由度の高いコミュニケーションを目指すための源流になります。かつてはTwitterもオープンな仕組みとなる予定でしたが様々な事情があって結果的に「中央集権型」へと移行していきました。

AT Protocol上で動かすアプリケーションは誰でも開発できるため公開されている情報から好みのWebサービスを立ち上げることも可能です。サービスの垣根を超えてやりとりできるシステムが軸となっています。

中央集権型にある3つの問題点

ジャック氏は下記問題を指摘しています。

1. いじめや嫌がらせの対処を人の負担なく一元管理ができない点
2. 表示するコンテンツをユーザーの手で選択することができない点
3. 論争や怒りを引き起こすコンテンツに焦点が当てられやすい点

もし「Twitter」に限って言うならサービスが育ちすぎて中央集権型では手に負えなくなったという意味ですね。特に最近では電話やメールと並ぶ勢いでTwitterがライフラインとして使われるレベルにまで進化してきました。将来的には「AT Protocolの上でTwitterを動かして理想の分散型SNSへ変身させることが目標」のようです。

非中央集権型は何が違うのか?

先述した通り「AT Protocol」では非中央集権の実現を目指しています。ちなみに非中央集権については以前別の記事で書いているのでぜひ併せてお目通しくださいませ。下記のリンク先に詳細をまとめています。

トレンドは非中央集権化

時代はWeb5へ移行している

直近に次世代インターネットとして「Web3(ウェブスリー)」が登場しましたよね。

しかし、理想とする分散型を実現できなかった背景もあり「真の分散型インターネットとして非中央集権的なプラットフォームづくり」に今各国で取り組まれています。その中心を担うのが「AT Protocol」です。

特定サービスに力が集中しやすい中央集権型から非中央集権型へ移行して「力を分散させる狙い」があります。

まとめ

本日は「AT Protocolの可能性」について解説いたしました。

今注目されている「Bluesky」もサービスを使う側の目線では裏側を支えているテクノロジーにはあまり目を向けませんがどういったシステムで成り立っているかや目指している方向はどこなのかを考えてみるとまた違った何かに気付けるかもしれません。常に1つも2つも先を見る天才たちの最新動向をチェックしておきましょう。

本記事が分散型SNSを始める際のご参考になれば幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻SEOに強いWordPressテーマ

⇒ 大人気のワードプレステーマ「賢威」 2万を超えるお客様がご使用中!