phpLiteAdminで過去に実行したSQL履歴を削除する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SQLiteのデータベース管理ツールとして使いやすい「phpLiteAdmin」。インストール直後のデフォルト状態では実行したSQL履歴が10件まで残ります。設定はconfigファイル内で自由に変更可能です。

phpLiteAdminで過去に実行したSQL履歴を削除する方法

設定は「maxSavedQueries」という値で管理されています。編集は「phpliteadmin.config.php」で行います。50行目あたりに以下の記述があるので「10」となっている部分を「0」に変更すればOK。

// maximum number of SQL queries to save in the history
$maxSavedQueries = 10;

以下が「0」に変更した状態です。

$maxSavedQueries = 0;

変更後は一度ログアウトして再度ログインが必要です。もし「0」のままにしておくと履歴は残りません。元の数字に戻しても履歴データは復活しませんので、状況に応じて再設定しましょう。

ログアウト後に再度ログインしましょう。

ログイン後にSQLのタブを選択すると過去の履歴がリセットされています。

テストで大量のループ処理を行うと履歴の読込みに時間がかかるので状況に応じて削除するのがおすすめです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

Xserverで変更できるphp.ini設定とは?

WordPressに活用できる技術