【難しくない】古いドメインから新しいドメインにワードプレスサイトを引っ越しする手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はワードプレスのウェブサイトを移転する方法を具体的な手順でご紹介いたします。慣れれば誰でも移転作業はできるようになります。ただし、操作を誤ってDBなど重要なデータを削除してしまったら大切なデータを復旧する手立てがなくなってしまいますのでその点だけはご注意ください。

【難しくない】古いドメインから新しいドメインにワードプレスサイトを引っ越しする手順

作業内容を羅列すると下記が主な手順。

1. 旧ドメインにFTP接続して全データをダウンロード
2. 旧ドメインのワードプレス管理画面からDBデータをエクスポート
3. レンタルサーバーのコントロールパネルでサブドメインを作成
4. 新しくデータベースを作成する
5. 手順「2」でエクスポートしたDBデータを手順「4」で作成したデータベースへインポート
6. 新ドメインにFTP接続して全データをアップロードする
7. wp-config.phpファイルのDB接続情報を書き換える
8. 旧ドメインから新ドメインへリダイレクト処理

1つずつ補足させていただきますね。

1. 旧ドメインにFTP接続して全データをダウンロード

まずは旧ドメインに接続してデータをすべてダウンロードしましょう。契約中のレンタルサーバーによってはドメイン直下にすべてが入っている場合とドメイン直下の「public_html」に入っている2パターンがあります。ファイル一式にはwp-configやreadme.htmlなどが含まれているのですべてダウンロード。

2. 旧ドメインのワードプレス管理画面からDBデータをエクスポート

次に旧ドメインのデータベースをエクスポートしてください。エクスポート方法はレンタルサーバーが提供しているphpMyAdminからでも可能です。ワードプレス管理画面からプラグインを使って出力してもOK。

エクスポートしたデータは中身が旧ドメインのURLになったままなので、新ドメインに置き換えましょう。エクスポート時に書き出す際にドメインを置換できるプラグインなら指定して実行ください。もし旧ドメインのままであればエクスポート後に専用ツールでURLのみ置換しましょう。その際は以下の「手順5」で行います。

3. レンタルサーバーのコントロールパネルでサブドメインを作成

レンタルサーバーのコントロールパネルからサブドメインを作成してください。もちろん、状況に併せてあらたに新規ドメインを追加しても構いません。かならずしもサブドメインである必要はありません。当研究所ではサブドメインを使って一時的なクローンサイトを立ち上げています。念には念をが「安全の基本」です。

4. 新しくデータベースを作成する

新しいドメイン用のデータベースを個別で作成しましょう。旧ドメインのデータベースは残しておくのがベストです。万が一の状況で元に戻せると安心です。新しくデータベースを作成するのはお約束です。データベースをわけておけば安全に作業を進められますのでかならず別にしてください。

5. 手順「2」でエクスポートしたDBデータを手順「4」で作成したデータベースへインポート

新しいデータベースにデータをインポートしましょう。上記の手順「2」でそのままエクスポートしていた場合はインポートしたのちに専用ツールを使ってURLを置換してください。サーバー上で行えます。

6. 新ドメインにFTP接続して全データをアップロードする

同じサーバー内であれば新ドメインのフォルダがFTPサーバー上で確認ができます。ドメインフォルダを見つけたら「1」でダウンロードしたデータをすべてアップロードしてください。重複の説明になりますがドメインフォルダのなかに「public_html」がある場合は「public_html」のなかに全データを投げ込めばOKです。

7. wp-config.phpファイルのDB接続情報を書き換える

今のままでは新ドメインにアップロードしたデータが旧ドメインのDBに接続してしまいます。新ドメインは新しいデータベースに紐づける必要があるので該当箇所のDB接続情報はかならず書き換えてください。

8. 旧ドメインから新ドメインへリダイレクト処理

旧ドメインへのアクセスを活かす際はかならず新ドメインにリダイレクト(301)を指定しましょう。301は永久移転の命令文なので基本的にはSEOなども維持した状態で新ドメインに自動転送がかかります。引っ越しの基本手順は以上となります。とてもシンプルな流れなので作業に慣れてくると2〜3日で完了するはずです。

まとめ

ワードプレスのドメイン変更は同じサーバー内であれば割と手軽に取り組めます。ただし、重要なファイルが格納されているデータベースを触りますのでもし操作を誤ると過去のデータが一瞬で消去されてしまいます。過去に数万記事を一瞬で失ったクライアントもいるので可能なら近くのプロにご依頼することをおすすめします。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する