1日で独自ドメイン(com)はどれくらいの数が取得されているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワードプレスなどウェブサイト運営ではなければ始まらないほど重要な独自ドメイン。あなたは1日にどれだけの独自ドメイン(.com)が埋まるかをご存知でしょうか?

最近は「スマホだけで仕事をこなす」という方もいたり、もはや「インターネット」は生活に欠かせない存在となりました。そしてインターネットの世界で昔から活発なのが「独自ドメインの売買」です。独自ドメインはウェブサイトの運営に必要な『インターネット上の住所』として役割を果たします。

ツイッター(Twitter.com)やインスタグラム(Instagram.com)など、時代や流行によって少しずつ移り変わっていくソーシャルメディアもまたウェブサイトであることを忘れてはなりません。独自ドメインとインターネットは切っても切れない関係で成り立っています。ネット上で唯一の住所が「独自ドメイン」です。

1日で独自ドメイン(com)はどれくらいの数が取得されているのか?

僕たちはこれまでに数百以上の独自ドメインを取得してきました。ちなみに「2011年12月」段階で「.com」ドメインの登録数は約1億件を超えています。今は2020年なのでさらに増え続けているわけです。

本日は「独自ドメインが1日でどれくらい増えているのか?」をカンタンに調査してみました。独自ドメインには取得時に振られる固有の番号(ユニークID)があります。ドメインに振り分けられる固有の番号はランダムではなく取得した順番で発行されているので可能な範囲で計算して1日の取得ペースを割り出します。

ドメイン(.com)取得時に振り分けられる番号

独自ドメインを取得したら固有の番号が「Registry Domain ID」として発行されます。Registry Domain IDは野球などで例えると背番号のような役割(世界に1つしかない番号)です。

Registry Domain ID: 0000000000_DOMAIN_COM-VRSN

そして取得した日付と時間が「Creation Date」として確定します。Creation Dataはドメインの誕生日です。生まれた日と取得された時間は今後も一切変更されずに「Creation Date」として管理されます。

Creation Date: 2020-01-01T01:11:11Z

ちなみに現時点(2020年7月)ではIDは「25〜」から始まっています。2018年8月後半に「23〜」が発行されていたので1年毎に約1億個のペースでドメイン(.com)が取得されている計算になりますね。

Registry Domain ID: 2500000000_DOMAIN_COM-VRSN

1分あたりに独自ドメイン(.com)が取得されるペース

以前に同時期でドメインを取得したことがあったのでそれらを元に計算してみます。取得したタイミングの1つめのドメインは「23時37分52秒」に取得、2つめのドメインを「23時55分53秒」に取得していました。

2つの時間差は約「18分」です。そして固有IDを比べるとの差が「768」でした。つまり1分あたりに約43個のドメインが埋まっている計算になります。秒にすると1.39秒に1つのドメイン(.com)が埋まっている計算になります。今こうしている間にも数十個のドメインが一気に埋まっているスピードですね。

測定のタイミングで多少誤差もありそうですが、ここ数年のペースを見ていても「1年で1億のドメイン」が取得されているのには間違いありません。考え方次第では「ドメイン」は株にも似ている部分があるので将来的に価値が上がる文字列を取得できれば後から価格が跳ね上がる可能性もあります。夢がありますよね。

もっとも古い独自ドメイン(.com)とは?

有名な話ですが、もっとも古い独自ドメインは「symbolics.com」です。取得日時は以下です。

Creation Date: 1985-03-15T05:00:00Z

これほど取得から歴史があるドメインだと余計に箔がついて見えますね。ドメインの年齢で言えば35歳。現在運用されている大半のドメインは2010年移行に取得されたドメインばかりなので迫力が違います。

まとめ

一見するとただの独自ドメイン取得ですが、どの時期に取得したかで振り分けられる番号も自然と変わったり、取得した日時がドメインの誕生日になると考えると想像以上にとても奥が深く見えます。

実は過去に一度、固有番号の下6桁が「123333」と奇跡的な数字に巡り合って少し感動したことがあります。残念ながらそのドメインは今後も使う予定はありません。そのためドメインが失効されたタイミングで次に取得した人に新しい番号が振り分けられるので奇跡の文字列はもうなくなってしまいます。

ずっと空いていたドメインが1週間後には埋まっていた経験もあるので、どんなドメインと巡り合わせるかは人によってもさまざまです。お気に入りのドメインを見つけたら早い目に抑えておきましょう。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する