広告なしでワードプレスが運営できる最新の無料レンタルサーバー「000webhost.com」でアカウントを作成するメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

000webhostは2007年に設立されたサービスです。2004年に設立されたHostingerの子会社で無料の共有レンタルサーバーを提供しています。ワードプレスの運営元Automattic社が2005年からなので1年古い歴史がありますね。

000webhostでアカウントを開設してウェブサイトを立ち上げても、立ち上げたウェブサイト上に宣伝(広告)が強制表示されることはありませんし、PHP、MySQLなどの有料レンタルサーバー級の機能が使える驚きのサービスです。

ちなみに無料プランだけでなく、低価格の有料プランも提供しています。有料プランは無料プランよりもサーバー上のデータ保存容量が大きくて回線も太く高速となっています。有料プランでは毎週バックアップもされます。無料ではサポートを受けられませんが有料プランでは充実したサポートも利用できるのでとてもうれしいサービスです。

機能について

000webhostの無料レンタルサーバーは日本国内で提供されている有料レンタルサーバー(XserverやMixhost)と比べると同等の品質とは言えません。回線速度やデータの保存容量も低く、独自ドメインSSLの追加なども無料プランではできなくなっています。とは言ってもワードプレスの自動インストールにも対応済みでとても高機能です。

無料(Free)で使えます

000webhost.comではサーバー上のウェブサイトに広告が一切入らないのに利用料金は無料で使えます。一歩踏み込んで言えば「フリーミアム」と呼ばれるビジネスモデルですが利用者、運営者両方にメリットがある販売方法です。

今でこそ無料プランでは「独自ドメインの無料SSL追加」には対応していませんが、その他のあらゆる機能に対応しているので時期に順次対応していくかもしれません。

実は、日本国内では「広告が入らない無料レンタルサーバー」はほとんどありません。また、000webhostではCronと呼ばれるサーバー側で自動で特定ファイルを実行する仕組みも無料プランに解放していたりかんり太っ腹です。

FTP接続もできますし、phpも使えますし、Mysqlも2つまでは無料作成できるので、これからエンジニアを目指す人にとっては「完全無料」でこの環境を手に入れられるのはかなり衝撃だと思います。通常は広告が入ります。

この点は「さすが海外!」と言わざるを得ないですね。データセンターは以下6つに準備されています。日本にはまだないので日本国内からのアクセスは多少タイムラグを感じますが検証用として立ち上げるには十分すぎます。

  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • ブラジル
  • オランダ
  • シンガポール
  • インドネシア

DDoS攻撃対策を搭載(ファイヤーウォールも)

000webhostのレンタルサーバーサービスにはファイアウォールとDDoS攻撃対策が搭載されています。サーバーに不正なアクセスがないかをモニタリングしている専門の管理チームが配置されています。つまり、レンタルサーバーの領域は無料でもサーバーはしっかりプロによってモニタリングされているので安心して利用ができます。

エンジニアも納得の高機能

コントロールパネルはかなり使いやすいです。無料プランでは機能が限られている点もありますが、クリック時の動きやデザイン性も含めてかなりクオリティが高いです。ちなみに以下はPHPのバージョンを切り替える画面です。

英語が苦手でもGoogle Chromeを使っていれば右クリックで「日本語に翻訳」もできるのでご安心ください。

日本語も自然な文脈なので元の英文が綺麗な証拠ですね。

無料プランでも独自ドメインのメールアドレスが作成可

驚いたのは無料プランでも持ち込みの独自ドメインでメールアドレスが作成できる点です。メールアドレスの発行は5つまでという制限はありますが、無料でメールアドレスが作成できるというのは相当な魅力ですよね。

なお、独自ドメインを持ち込んで設定する場合は、ドメインレジストラ(お名前ドットコムなど)側からDNS設定を000webhost.comへ向けておく必要は当然ありますが、その設定さえ完了するだけでOKです。このあたりはレンタルサーバーを契約して独自ドメインを設定した経験がある方であればスムーズに設定できるでしょう。

念のため000webhosot.comに独自ドメインを設定する際に必要なDNS値を明記しておきますね。

NS01.000WEBHOST.COM
NS02.000WEBHOST.COM

もちろん、独自ドメインを持ち込まなくても、レンタルサーバー側で発行できる無料サブドメインも使えます。

[YOURNAME].000webhostapp.com

[YOURNAME]の部分はお好きな文字列を指定可能です。

以下の記事ではワードプレスのインストールまでの具体的な手順をご紹介していますのでぜひご参照ください。

広告一切なし!無料レンタルサーバーを契約して無料の独自ドメインでワードプレスをセットアップする方法

優良プランへのアップグレードは簡単

独自ドメインの追加や独自ドメインのメールアドレスは無料プランで使用できますが「独自ドメインへのSSL追加」は有料プランでないと使えません。下記のように使えない機能はグレーアウトされています。

マウスを合わせると有料プランへの「アップグレード」が促されます。そして「Upgrade」をクリックするとプランの選択画面とお支払い設定画面が表示されてすぐにアップグレードができます。よくできた仕組みですよね。

無料プランはサポートが手薄

無料ユーザーが利用できるサポートはほとんどありません。

万が一、000webhostの無料プランでトラブルが発生した場合は自分で調べるなりして解決するしかありません。アップグレードをすればサポートが受けられるようになります。もし有料ユーザーなら24時間週7日体制のサポートチームからのサポートを受けられます。有料プランに限りますが年中無休でお問い合わができるのは心強いですね。

価格について

000webhostのFREEプランは完全無料で、永久に無料のまま利用が可能です。無料版の契約に「支払い情報」を入力する必要もありません。有料プランにアップグレードする場合はクレジットカード(Visa/マスターカード)を設定するだけでOKです。ビットコインやPayPalでも支払えます。

一般的な使い方であれば、ワードプレスのインストール、初期セッティングさえ完了してしまえば、サーバーのコントロールパネルにログインすること自体も滅多になくなるので大半の方は無料プランで十分だと思います。

ただ、独自ドメインへのSSL追加は無料プランではできないので、検索エンジン対策を考えてウェブサイトを運営していくことを前提にすると悩ましいところですね。検証で使うなどであれば十分すぎるスペックでしょう。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する