月額たった2480円で通話放題(電話かけ放題)を契約する方法【データ通信3GB付】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

突然ですが先月は「スマホ」の通信料金をいくら支払いましたか?もし月々の料金支払いが「クレジットカード払い」や「口座振替」になっている方であれば支払い額を把握できていないかもしれませんね。

今知っている通話放題付きの最安値プランは「月2480円」です。携帯電話や固定電話への「24時間かけ放題」はもちろんインターネット用のデータ通信が3GB付いて「2480円」。かなりリーズナブルですよね。3キャリアで契約すると平均して月1万円近く必要なので携帯料金も徐々に安くなってきています。

以下では月額2480円で電話かけ放題を実現する方法について詳しい内容を解説いたします。特に回線の変更を推奨しているわけでもないので「料金の下げ方って色々あるね」程度で読んでくださいませ。

月額たった2480円で通話放題(電話かけ放題)を契約する方法【データ通信3GB付】

ほんの数年前までは携帯の回線業者と言えば「ドコモ・au・ソフトバンク」の3キャリアのみでした。しかし、電話回線の卸が解禁されてからは3キャリア以外に多くの「MVNO」というサービスが現れました。

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略。カンタンに言えば『キャリアから回線を卸して、自社ブランドとして携帯電話やPHSなどの通信サービスを行う事業者のこと』を指します。

回線業界に「MVNO」が参入してからは、電話代が大幅に安くなりました。MVNOが始まってからもっとも業界が変わったのは「ソフトバンクとauが自社MVNOとして低価格帯の電話回線を提供したこと」です。

MNO(移動体通信事業者)とMVNO(仮想移動体通信事業者)の違い

キャリアとサブブランドの違い

ソフトバンクやauが提供する低価格帯のMVNOは一般的に「サブブランド」と呼ばれています。スマホに興味がある方であれば1度や2度は見たことがあるキーワードですよね。ソフトバンクやauが「サブブランド」を提供するのには理由があります。それは「メイン回線とサブ回線の差別化」をはかるためです。

つまり、最上位のキャリア、中間位置のサブブランド、低価格帯のMVNOの住み分けですね。

サブブランドとMVNOの違い

MVNOというサービス提供が開始されてからは膨大な数の事業者が参入しました。

その際にもっとも注目したいポイントは「3大キャリアの2社(ソフトバンクとau)が自社MVNOを提供しはじめたこと」です。つまり、自社回線を持ったキャリアがMVNOとして別名義で展開したわけです。

ソフトバンクは「ワイモバイル」、auは「UQモバイル」としてサブブランドを提供しました。サブブランドとして提供する一番のメリットは「自社回線を好きに使える点」です。一般的なMVNOは混み合う時間帯にキャリア側から通信制限をかけられるのがMVNO業界のルールとなっています。

言ってしまえば「サブブランドならではの強み」を最大限活かす方法でもあります。

大きな縛りでは、サブブランドもMVNOの一種なので大差なく見えますが、ロレックスがチュードルに部品を供給するように親会社ならではの強みを活かした展開がサブブランドという考え方です。

純粋な“通話放題”はキャリアとサブブランドにしかない

MVNOにも「電話かけ放題(通話放題)」はあります。しかし、プレフィックスと呼ばれる発信方法をとる必要があるため専用の通話アプリ(スマホ純正の電話アプリではなく)の利用が必須でした。

しかし、キャリアとサブブランドは「スマホ純正の電話アプリを使った通話放題」が使えます。

先述した通りMVNOでも「専用の通話アプリをインストール(スマホ純正の電話アプリではない)」すれば通話放題が使えるサービスはあります。人によっては「専用通話アプリでも無料なら全然いいんじゃない?」と思うでしょう。しかし実際に使ってみて感じたのは「折り返すのが面倒」という点です。

つまり、専用通話アプリを使って発信しても、着信は「スマホ純正の電話アプリ」なので、折り返す際にわざわざアプリを立ち上げ直して操作する必要がありそれが“意外と手間”になるわけです。

そのため実質の通話放題には「最低限サブブランドが必要」というのが一般的な認識でした。しかしつい最近、日本通信SIM(MVNO)から「スマホ純正の電話アプリ」を使った通話し放題が発表されました。

純粋なサブブランド以外のMVNOで「電話し放題(通話放題)」を提供したのは日本通信SIMが日本初です。

日本通信SIMの通話放題は誰に向いているのか?

以下が日本通信SIMから提供された「合理的かけほプラン(月2480円)」です。時代的にも「電話よりデータ通信の方が利用者が多い」ため利用者の大半は『ビジネス利用』となるのかもしれません。

月額基本料は2480円。さらに「電話し放題(通話放題)+データ通信3GB」がついています。しかも、もし仮にデータ通信が3GB超過した場合も『1GB250円』の低価格でおかわり課金として購入も可能です。

ちなみにキャリアやサブブランドではデータ通信超過後の追い課金「1GB1000円」というのが相場なので、日本通信SIMは「相場の1/4(1GB250円)」で追加購入ができる破格となっています。

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

サブブランド以外のMVNOとして通話放題を提供するのは日本初の試みです。ちなみに“日本通信SIM”は別名義ビーモバイルという会社の運営で『世界初のMVNOを提供した会社』でもあります。世界初のMVNO会社が日本初の通話放題(サブブランド以外で)を提供するというのは歴史的な出来事とも言えます。

日本通信SIMがあまり知られていない理由

先述した通り、日本通信SIMの運営元は「ビーモバイル」です。ビーモバイルには「専用通話アプリ(b-mobile電話)」が用意されていて今も使っているユーザーが多数いるので、大々的に「スマホ純正の電話アプリで通話放題ができる!」とは言いづらい背景も見え隠れします。新しいサービス名「日本通信SIM」とはしているものの『ビーモバイルの既存会員』も大切にしなければならないので仕方ありませんね。

個人的には「日本通信SIM」がドコモのサブブランドとして提供されるようになれば、もっと業界が面白くなるのかなと思ったりもしますが、今のところドコモがサブブランドを展開する予定はなさそうです。

ちなみに日本通信SIMの合理的かけほプランは「ドコモ回線」を使っています。もしMNPで日本通信SIMへ乗り換えるとスマホ内の電話回線表記も「docomo」となります。とはいえ純粋なドコモ回線とMVNO用のドコモ回線は多少扱いも異なるので電波状況等はお近くで契約された方に聞いて見るのが一番です。

まとめ

今回は月額2480円で『電話し放題(通話放題)+データ通信3GB』の合理的かけほプランをご紹介させていただきました。合理的かけほプランは日本通信SIM(ビーモバイル)が提供する最新サービスです。

今まで電話し放題を使うためにキャリアやサブブランドを契約していた方は大幅に月額料金が安くなる可能性があります。興味があればぜひ一度公式サイトをご確認いただけますと幸いです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください