【固定費削減】インターネット通信料と携帯代金(スマホ代)は全合計1万円以内で抑える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎月「固定」で支払っている出費について普段から意識していますか?ちなみに僕は毎月、オンラインから銀行の引き落とし(内訳)を月末に確認する癖をつけています。ざっと洗い出すと「携帯代(スマホ料金)・インターネット回線費用・光熱費(電気・ガス・水道)・食費・家賃」等、毎月固定で出費する料金は誰にもありますよね。人によっては娯楽費で月額のサブスクを払っていることもあるはずです。

【固定費削減】インターネット通信料と携帯代金(スマホ代)は全合計1万円以内で抑える

本や動画配信で多くの起業家が言っていますが「何か新しいことを始めるとき」に意外と行動の弊害になるのが固定費とのこと。カンタンに言えば毎月の小さな出費の積み重ねが大きな負担になるわけですね。

つまり、無理なく上手に「生活費の見直し」をすれば毎月想像以上のお金が浮いて、新しいことに挑戦するときにしっかりと予算が割けるようになります。念のため節約しやすい固定費を3つ書き出しました。

・携帯電話代(スマホ料金)
・インターネット回線費
・娯楽費(ネットフリックス等)

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

ざっと1つずつ見ていきましょう。

携帯代(スマホ料金)

個人投資家として活躍するある起業家は「携帯代金とインターネット回線費用の合計は1万円以内」で抑えることが理想だと言っています。もし半々であれば携帯代が5000円、ネット代が5000円です。

状況によっては携帯に7〜8000円、インターネット回線費用に5〜6000円支払っている方もいるはずです。もし仮に携帯代が8000円、インターネット回線費用が6000円だとしたら2つを合計すると14000円以上。

電話とネットを使うためだけに「毎月14000円を固定出費」していると考えたら大きい負担ですよね。もし仮に月1万円に抑えられれば毎月4000円が浮く計算になります。

もし「毎月4000円が浮く」と1年で「48000円」なので約5万円。1年間で5万円の出費は相当大きいです。もし仮にこれまで5年間ずっと同じ料金を払い続けているとしたら『合計で25万円も差』が生まれます。

今も3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っているとしたら、キャリアが提供している低価格帯の電話回線サブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)に切り替えることも考えましょう。カンタンな相場感としては「キャリアからサブブランドに回線を変更」するだけで半額近く価格を抑えられる可能性があります。

半額では納得がいかない(もっと料金を下げたい)場合は、キャリアから回線を買い取って再販しているMVNOというサービスにする方法もあります。ただ、MVNOはさまざまなサービスがあるので実際に契約しようと思うと「サブブランドを選ぶよりも多少知識が必要になる」ので詳しくは調べてみてください。

ポイントとしてはキャリア、サブブランド、格安SIM(MVNO)どこを契約するにしてもスマホ本体はSIMフリー端末を購入しておくこと。SIMフリー端末なら他社回線へ乗り換える際に手間となるSIMロック解除の手続きが不要になるのでMNPだけでスムーズに回線を変更できます。別の記事で書いた以下も参考になるはずです。

MNO(移動体通信事業者)とMVNO(仮想移動体通信事業者)の違い

インターネット回線費

インターネット回線は今や生活の必需品です。家族で住まれている方は自宅に固定回線をひかれているかもしれません。もし光回線を導入している方であれば「100Mbpsプラン」とか「1Gbps(=1000Mbps)プラン」など“回線の太さ”によって料金体系も異なっているはずです。

ちなみに光回線で100Mbpsを契約したとしても「速度」は100Mbpsではありません。

- 超快速なワードプレスを運営しませんか?【AD】-

理由は大半の光回線が「ベストエフォート型」と呼ばれる、最大理論値100Mbpsという仕組みでインターネット回線を提供しているからです。インターネット回線の多くはベストエフォート型を採用していますがカンタンに言えば多くの人が同時に通信回路を使うので理論値でしかありません。

さらに100Mbpsプランであっても自宅で家族全員が使うには「無線Wi-Fi化する機械(ルーター)」を設置する必要があります。そうなると購入する無線Wi-Fi(ルーター)のスペック(性能)にも影響されます。

そして結局は「10Mbps程度」の速度になることが多いです。つまり、実際の速度は、回線を提供する基地局と自宅の距離もありますし、自宅に無線ルーターを導入するかどうかにも左右されるわけです。

インターネット回線は5〜6000円することが多く、一度導入したら回線を変更する場面も限られてくるので見直す際は、現在使っている人数、実際に出ている回線速度等を比較しましょう。自宅に固定電話を引いている場合は『光回線と電話のセット割引で設置』されている場合もあります。

娯楽費(ネットフリックス等)

今人気のサブスクに申し込んでいると娯楽費がかさばっている可能性があります。

・音楽配信サービス
・動画配信サービス

などなどネットフリックス以外にもフールーなど契約サービスによって月額費用がかかります。Apple MusicやYouTube Premiumなどさまざまなサブスクリプションサービスがあります。

・Netflix(月額800円〜)
・Apple Music(月額980円)
・YouTube Premium(月額1180円)

もし3つとも入っていたら「月額2960円」にもなります。約3000円ですね。年間約4万円。各サービスの利用が習慣になって癖付いている人は辞めるのもむずかしいですが、一度見直してみることも大切です。

ちなみに現在は1つも入っていません。昔はHuluとApple Musicのメンバーでした。

Netflix(月額800円〜)

今はもうテレビを見る習慣すらなくなりました。何を隠そうHuluを契約していた頃は海外ドラマを見まくっていたのである意味で海外ドラマ中毒になっていました。週末はコンビニで大量のお菓子を買い溜め、食べながら1日中見ていました。わずか短期間で体型も変わってしまったのが懐かしいですが確かに楽しかったです。

ちなみに僕は買い物をほぼAmazonで済ますためプライム会員です。そのため映画を見たくなったり、話題のアニメなどの動向をチェックする時はアマゾンのAmazon Prime Videoを使って楽しんでいます。

とはいえAmazon Prime Videoも実際はあまり使っておらず動画はYoutubeばかりです。ずっと海外ドラマを見続けていると大変ですが、どこかでシーズンが完了したタイミングで卒業するのがおすすめです。

Apple Music(月額980円)

音楽好きにとってApple Musicは欠かせません。おそらく僕も無類の音楽好きに入りますがApple Musicは利用していません。主な理由は『Apple Musicは解約後に聴き放題の音楽が聞けなくなるから』です。

つまりApple Music(月額980円)への毎月の支払いは音楽を買っていたわけではなくあくまでも「音楽を聴く権利」を買っていたことになりますね。個人的には「手に入れた音楽がすべて聴けなくなる」という点があまり自分のスタイルには合っていないのですぐに解約をした記憶があります。

せっかく時間をかけてダウンロードした音楽が「Apple Musicを解約(10日後)」するとすべて再生ができなくなるのはせつなすぎます。ダウンロードとは言っても曲を探す手間だったり「ネットの通信量」はこちら側で負担しているわけでもあるのですべてが聴けなくなるのは辛いです。

音楽はSound Cloudをメインで使っています。サウンドクラウドには若手のビートメイカーやDJがリミックスした音源などさまざまな音楽がアップロードされます。

好きなアーティストを何名かフォローしておけば、そのアーティストがサウンドクラウド上にあげた最新の音源や、アーティスト自身が気に入った音源が自身のタイムラインに流れてきたりするので新鮮です。

サウンドクラウドは無料で使えるので重宝しています。またYoutubeでも好みの音源の最新MixがアップされたりもするのでApple Musicからは完全に卒業できました。ビルボードのランキングに入るような音楽はApple Musicの方が揃っているので普段聴く音楽や聴き方でも変わってくるはずです。

YouTube Premium(月額1180円)

Youtubeにはプレミアムサービスがあります。動画に差し込まれる「広告が非表示」になってバックグラウンド再生(スマホで他の作業をしながら再生できる)にも対応できるというサービスです。

しかし、僕は普段はYoutubeはPCで利用しています。そのため「Google Chrome(ブラウザ)」の拡張機能で「Youtubeの広告カット」を活用しているため広告はあまり気になっていません。

スマホのYoutubeアプリでは広告はカットできませんがさほど気になりません。

ちなみにAndroidのスマホであれば上下2分割でアプリを立ち上げられるので、画面の上側でYoutubeを再生しながら、画面の下側でブラウザを起動して調べ物もできます。つまりAndroidでは画面分割機能で実質バックグラウンド再生を使えるようなものなのでPremiumの良さがわかりません。

また最近はYoutubeで各配信者が「メンバーシップ」として月額課金を提供することもあるので、Youtubeのプレミアムサービスに入るのであれば好きな配信者さんのメンバーになりたいとも考えています。

もちろん「Youtube Premiumの月額1180円」をどう捉えるかは各個人それぞれですが、少なくとも僕の使い方ではそれほど価値を感じられないので今のところは入っていません。もしiPhoneが画面分割に対応したらバックグラウンド再生もできるようになりそうなのでそういった期待もあります。

あと過去の流れから見て(Youtubeのメンバーシップもそうですが)Googleはうまくいかないと突然サービスを辞めてしまったり、料金形態を大胆に変える傾向があるのを知っているので慎重になっています。

まとめ

もしクレジットカードで料金を支払っているのであれば月末に一度はクレジットカードの支払い明細をチェックすることをおすすめいたします。無駄な出費を1つずつ抑えると節約につながります。

大切なのは「無駄な月額コスト」をできるだけ浮かしておく(日々の生活費を下げる)ことで、普段から自分自身への負担をできる限り取り除き「常にフットワークを軽くしておく」ということです。

有名なことわざで「塵(ちり)も積もれば山となる。」という先人の言葉があるように、普段あまり使っていないサービスの料金を支払い続けていないか?など、いつも見落としがちな部分にも目を向けてみましょう。もし仮に月に5000円でも浮かすことができたら年間で6万円も浮いてきます。定期チェックは重要です。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください