ミックスホスト(Mixhost)にワードプレスをインストールしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はミックスホストに日本語版のワードプレスをインストールする手順をご紹介いたします。まだレンタルサーバーをご契約されていない方は以下の記事も併せてご一読いただけますと幸いです。なお、2020年6月現在ミックスホストでは「30日間の保証期間」も設けていますのでまずはお試しで契約されるのがベストです。

Mixhost(ミックスホスト)でレンタルサーバーを開設する手順

ちなみにミックスホストでは「アカウント開設にかかる初期費用も一切不要(0円)」なので、もしレンタルサーバーが気に入ったらそのまま契約を継続して、使わないようであれば解約すればOKです。最近では個人で数個以上もレンタルサーバーを契約することもあるのであまりむずかしく考えず気軽に挑戦しましょう。

なお、解約もミックスホストのコントロールパネル内から申請できるのでとても手軽です。不要になった場合の解約手順はまた別の機会に解説させていただきます。本記事ではインストール手順をまとめていきます。

ミックスホスト(Mixhost)にワードプレスをインストールしよう

では本題に入ります。本記事ではワードプレスのインストール方法を説明していきます。ミックスホストではレンタルサーバーのアカウントを開設する時に「無料のサブドメイン(xxx.mixh.jp)」が発行されるので、独自ドメインを持っていなくもてワードプレスをインストールしてブログなどウェブサイトを運営可能です。

ただ、無料のサブドメイン(xxx.mixh.jp)はSEOに弱いです。理由は「無料のサブドメイン(xxx.mixh.jp)」にワードプレスをインストールしてサイト運営している人が一定数いるためライバル数が多くなるからです。当研究所ではワードプレスには独自ドメインをかならず振り分けています。ごく稀にミックスホストの無料サブドメインへのインストールも行うこともありますが検証用として一時的に使う程度で運営には使いません。

以下では「独自ドメインを設定してからワードプレスを自動インストールするまでの手順」をざっと開設させていただきます。もし記事が長くなりすぎたら、2つの記事に分けなおす予定です。一連の流れでインストールまでを行なえば手順を忘れにくいので本日中にすべて終わらすつもりでご一読いただけますと幸いです。’

マイページにログイン

レンタルサーバー「Mixhost(ミックスホスト)」のアカウント開設が終わったらマイページからログイン。

ログインはアカウント開設時に使用したメールアドレスとパスワードを入力。そして「ログイン」をクリック。

cPanel(コントロールパネル)を開く

マイページが開いたら「有効なサービス」をクリックしてページを移動しましょう。

左に表示されるアクションから「cPanelにログイン」をクリックしましょう。

独自ドメインを設定する

ドメインの設定は「アドオン ドメイン」から行います。

以下ではすでに取得済みのドメイン(sampletest.org)を使って設定を進めていきます。すでにドメインをお持ちであればこの段階でドメインのDNS設定をミックスホストのサーバーに向くように設定ください。独自ドメインの取得については国内サービスや海外サービスまであるので以下の記事を参照いただけますと幸いです。

▼Namecheapで独自ドメインを取得してミックスホストへDNS設定を向ける方法
https://wp-labo.com/namecheap-domain-registration-mixhost-rental-server-dns/

▼さくらインターネットで独自ドメインを取得してミックスホストへDNS設定を向ける方法
https://wp-labo.com/sakura-server-domain-mixhost-rental-server-setting/

ちなみに上記のリンク先で紹介している「Namecheap」も「さくらインターネット」もサーバー管理サービスですが「ドメイン管理のためだけにアカウントを作成可能」なのでその点はご安心くださいませ。

ドメイン設定を追加する

以下で設定を進めるドメイン(sampletest.org)はNamecheapでドメインを取得済みです。上記でリンクを貼った記事の1つめと同じ手順でDNS設定もミックスホストに向けています。では作業を進めていきます。

ドメインの追加が完了したら「戻る」をクリック。

ワードプレスをインストール

コントロールパネルに戻ったら最下部にある「WordPress」をクリックしましょう。

以下の画面が開いたら「今すぐインストール」をクリックしてください。

次の画面で以下5つを設定していきます。

・インストールするバージョン
・インストールするURLの設定
・サイト名とサイトの説明文
・アカウントとパスワードの設定
・ワードプレスを表示する言語

選択しながら決めていくのでカンタンです。

インストールするバージョンとURLの設定

以下ではワードプレスのバージョン「5.4.2」を選んでURLに「https://sampletest.org」を選んでいます。もしサイトのURLを「/blog」などにしたければディレクトリに「blog」と入れればOK。もし「/blog」などをつけずにシンプルなURLで運営するならディレクトリの入力欄は「空」のままにしておきましょう。

サイト名とサイトの説明文

以下では「SampleTest Press」と「ワードプレス用のサンプルテストです」としています。サイト名とサイトの説明文は後から管理画面内で自由に変更できます。迷った場合はとりあえずSampleなどで構いません。

アカウントとパスワードの設定

ログイン用のアカウントとパスワードです。カンタンすぎると不正にログインされるためセキュリティ性を考慮しましょう。アカウント名を「admin」とすると狙われやすくなるので可能な限り避けてください。あと鍵マークをクリックすれば複雑なパスワードを自動発行できます。使用する場合はメモ帳にコピーもお忘れなく。

他の項目は空でOKです。あと「サイト名とサイトの説明文」の直下にある「チェックボックス」は空のままで有効状態にせず進めてください。有効にするとマルチサイト化されるためチェックは無しです。

管理画面にログイン

インストールは数秒間もあれば終了いたします。管理者URLが表示されるのでメモ帳にコピーしましょう。インストール完了画面に表示されているURLからログインするとパスワードなしでログイン可能です。

管理画面に入ると以下が表示されます。

ちなみに「サイト名」と「サイトの説明文」は『設定 > 一般』から変更可能です。

なかに入ると「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」として管理されています。

変更したら最下部にある「変更を保存」をクリックすれば反映されます。

ワードプレスのインストール手順は以上です。

まとめ

本日はミックスホストに「独自ドメインを追加」して「ワードプレスを自動インストールするまでの流れ」を解説させていただきました。本記事では画像と文章を使って説明しているためどうしても長くなってしまいますが実際に画面を見て進めるとそれほどむずかしくありません。本来はワードプレスを利用するにはWordPress.orgからファイル一式をダウンロードしてFTP接続をしてデータを丸々アップロードする必要があります。しかしミックスホストであればサーバーの「コントロールパネル上」からWordPress.orgと連携しているので実質クリックだけですべての作業が完了いたします。慣れると数分で完了しますのでぜひお試しくださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する